精神科病院放火 患者5人死傷 入院男逮捕 東京

d0000709_140347.jpg
 15日午前2時10分ごろ、東京都板橋区三園1の精神科病院「成増厚生病院」(新貝憲利院長、689床)の南病棟2階の個室の病室から出火、室内の約6平方メートルを焼いた。同階にある別の個室の女性入院患者(52)が煙を吸って死亡。それぞれ別の個室の男性(53)と女性患者(57)が重体、2人の男性患者が重傷を負った。火元の個室に入院していた患者の男(50)が「自室のふとんにライターで火をつけた」と認め、警視庁高島平署は現住建造物等放火容疑で逮捕した。
 調べに対し、男は「ナースステーションにあった入院患者の持ち物の保管場所からライターを持ち出した。夜まで騒ぐ患者がいるので、火事を起こして困らせようと思った」などと供述している。男は04年から同病院に入院しているが、供述内容などから同署は刑事責任を問うことは可能と判断した。
 調べや病院によると、個室は外側から施錠され、内側から開けられない構造になっている。症状が重い患者のために用意されており、精神保健福祉法などに基づき、夜間から朝にかけて施錠をしているという。患者が個室に入る際は、看護師が危険物などを持ち込んでいないかチェックすることになっている。男は前日夜は午後9時ごろに個室に入ったが、看護師は異常に気づかなかったという。
 出火当時、病院職員がバケツなどで消火活動に当たったが消し止められず、個室にいた患者5人が室内に閉じ込められた。駆け付けた消防隊員に救助されたが、亡くなったり負傷した。同病棟は鉄筋コンクリート4階建て。219人が入院し、うち2階と3階の患者約100人を一時避難させた。
 新貝院長は「患者と家族には深くおわびを申し上げる。再びこのようなことのないよう、細心の注意を払いたい」とコメントした。
 成増厚生病院は精神科を中心にアルコール依存症の治療なども行っている総合病院で、病院全体で614人が入院している。
[PR]
by afternoon_news | 2006-10-16 14:00 | ニュース
<< 北の核実験 公式確認 米長官 ... 携帯に「助けて」 痴漢 御用 >>