NHK時代劇撮影中に俳優が骨折

d0000709_1131564.jpg
 NHKは25日、横浜市青葉区緑山の緑山スタジオで時代劇を収録中、俳優の市瀬秀和さん(32)が右足を骨折、全治1カ月の重傷を負ったと発表した。

 NHKによると、侍の役を演じていた市瀬さんは同日正午ごろ、高さ1.8メートルの塀から飛び降りるシーンで着地に失敗した。広報部は「アクション俳優でもあり、床に薄いマットを敷いていただけだった。二度とこのようなことがないよう、安全対策に努める」と話している。

 番組は、6月から放送予定の木曜時代劇「夏雲あがれ」で、全5回のうちの最終話を収録していた。
[PR]
by afternoon_news | 2007-04-26 11:03 | ニュース
<< 裏金問題 西武調査委が最終報告 成年後見悪用? 2000万円詐取 >>