江口ともみ腎臓摘出!

d0000709_12511320.jpg
 タレントの江口ともみ(39)が25日、TBS系「第二週刊アサ秘ジャーナル」(関東及び宮城県地区、水曜・深夜1時25分)の収録で四輪駆動のバギーを運転中、バギーから放り出され、腰を強打。右腎(うじん)を損傷し摘出手術を受けた。病院には夫でタレントのつまみ枝豆(49)も駆けつけ、容体を見守っている。

 TBS、江口所属のオフィス北野によると、収録現場は栃木・那須町の「那須バギーパーク」。ロケ地は朝から雨で、司会の浅草キッド、ゲストのダチョウ倶楽部の寺門ジモン(44)の4人で、600メートルの周回コースを使い、タイムトライアルの競技を行っていた。競技は125ccの大人用バギーでヘルメットを着用、1周目は試走。午後1時30分ごろ、江口は3人目に挑戦し、コースカーブを曲がりきれず、木製の柵に激突。バギーから放り出された。腰を強打した江口は救急車で病院に搬送。意識はしっかりしていたが損傷の度合が強かった。担当医師は「今後の日常生活に支障はない」と話している。

 TBSでは3月の「新SASUKE2007」収録でも5人が重軽傷を負う事故があっただけに「収録中での事故であり、大変申し訳ない。江口さんと関係者の皆様におわび申し上げます」としている。

 江口は96年、つまみ枝豆(49)と結婚。番組では浅草キッドとともにレギュラーを務めている。
[PR]
by afternoon_news | 2007-04-27 12:51 | ニュース
<< 井川が好投し2勝目 天皇賞・春 枠順確定!! >>