立教大生暴行死「バカラでいかさま」

d0000709_12535023.jpg
問題の万景峰号===>





立教大生暴行死「バカラでいかさま」


 東京都新宿区の病院に大学生の鈴木恵太さん(21)=北区浮間=が意識不明で運び込まれ、その後死亡した事件で、警視庁捜査一課と新宿署は二十四日、傷害致死の疑いで練馬区中村北、カジノ店従業員、米田信容疑者(33)ら四人を逮捕した。
 鈴木さんは立教大を休学し、歌舞伎町のバカラ賭博「シーザスパレス」などでディーラーをしていたが、事件前、客二人といかさま行為をしていたことが発覚。米田容疑者は「いかさま行為に怒り、殴って死亡させた」と供述。残り三人は「現場にいただけ」と否認している。警視庁はほかにも関与した者がいなかったか調べるとともに、バカラ店の背後関係についても捜査する。

<コメント>

何とも判然としない事件ですが,非合法カジノに関与しない方がよさそうです。




大音量の万景峰号に県が注意


 北朝鮮の貨客船「万景峰92」が23日の新潟港入港時に流した音楽の音量は、条例に定める岸壁使用許可条件に違反する恐れがあるとして、新潟県は25日までに、代理店(東京)を通じて同船の船舶会社(北朝鮮・平壌)に文書で厳重注意した。
 また県は、今後の対応などについて書面での回答を要求。期限はないが、回答によっては、既に申請のある30日の岸壁使用を知事の判断で許可しない場合もあるという。
 県は昨年12月以降、万景峰に対し、港湾管理条例に基づき「新潟港内では拡声器等から発せられる音量を社会通念上、許容できる範囲内とすること」を条件にして岸壁使用を許可していた。
 万景峰は23日、大きな音量で歌を流しながら入港した。

<コメント>

これも,何となくわかる話。かなりの大音量で,音楽を流しながら入港しているのでしょう。



警察署銃撃で4容疑者逮捕 広島県警

 広島市中区の広島東署の正面玄関に昨年二月、銃弾一発が撃ち込まれた事件で、広島県警捜査四課などは十四日までに、銃刀法違反(加重所持、発射)と器物損壊の疑いで職業不詳坂本明浩容疑者(44)=広島市中区橋本町=ら四人を逮捕、送検し、住所不定、無職宮田紀之容疑者(28)を指名手配した。
 県警によると、坂本容疑者は「インターナショナル・シークレット・サービス」(ISS)を名乗る覚せい剤密売グループの会長。
 県警はこれまでにISSの関係者ら計十一人を逮捕監禁などの疑いで逮捕していた。
 広島東署銃撃以外にも、広島市内では昨年八月六日、東区のホテルの正面玄関に銃弾二発が撃ち込まれ、同十月には安佐南区の不動産会社「章栄不動産」本社ビルにも銃弾が撃ち込まれており、県警は関連を調べる。
 ほかに逮捕されたのは住所不定、無職安道裕貴(24)、同、中村吉信(28)、広島市南区東雲本町二丁目、無職森本雅樹(29)の三容疑者。

<コメント>

当局に対する,かなり挑戦的な行動。次のニュースも,ちょっと似た内容があります…




裁判官に報復ほのめかす手紙


 福岡県二丈町で起きた立てこもり女児刺殺事件で、殺人罪などで無期懲役を求刑されている川村忠被告(39)が裁判官や関係者に、報復をほのめかす手紙を送りつけていたことが分かった。川村被告は法廷で、証人を怒鳴るなど「不規則発言」が目立っていたが、裁判が思うように進まないことに腹を立て、手紙を出したらしい。

<コメント>

現在でも,被告の心情は不安定のようであり,あまり反省の気持ちが反映されていないようです。
[PR]
by afternoon_news | 2005-05-25 12:52 | ニュース
<< 米「不屈の男」成功までの道 NHKもヤラセ?プロジェクトX... >>