<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

清原引退危機!

d0000709_10241818.jpg
清原引退危機!移籍先見つからず!?


 清原が引退の危機に直面した。巨人の清原和博内野手(38)が30日、左ひざ半月板損傷の手術のために都内の病院に入院、31日に内視鏡手術を受ける。来季の現役続行に意欲を見せている清原だが、移籍先が見当たらない状況。巨人から戦力外通告を受けた昨オフ、移籍先として挙がったオリックス、中日をはじめ、11球団すべてが獲得には消極的な姿勢を見せている。このまま行き場を失った場合、清原の選択肢は引退しかない。

 来季の現役継続を前提に、31日に手術を受ける清原だが、巨人に契約更新の意思はない。清武球団代表はこの日、清原の去就について「みんなが戦っている時期だし、もう少し後で結論を下したい。清原君の意向もあるし。いずれ話す時期が来る」とした。その一方で「来季は若い力を結集して、新しい巨人を見せよう」とも語っており、清原をはじめとするベテラン組を、戦力構想から除外する可能性を強く示唆した。同代表が清原と話し合っているのかどうか。「私の口からは言えません」とかわした清武代表だったが、いずれにせよ自由契約となることは確実な状況だ。

 清原があくまで現役に固執するなら、他球団へ移籍する以外に道はない。清原本人は周囲に「(来季は)見返したる」と話しており、移籍も辞さない構えだが、行き場探しは困難必至だ。

 昨オフは、近鉄との合併直後のオリックス・仰木監督が獲得へ積極的に動いた。だが、最終的に清原は“泥水をのむ覚悟”で巨人残留を選択、今季に懸けた。だが、今季の清原は故障に泣かされ、打率も打撃30傑最下位の・212に低迷している。こんな現状にオリックス関係者は「今年は評価を落としてしまった。獲得することはないだろう」と明言。清原が自由契約になった場合でも、獲得には動かない方針を固めている。

 また、年俸の大幅ダウンを条件に獲得の可能性があるとみられていた中日も、落合監督がこの日「獲らない」と完全否定した。現段階では11球団のうち9球団が獲得に消極的。阪神と広島は「ノーコメント」としているが、この2球団が獲得に動くことは考えにくい。

 まさに引退危機。清原は親しい関係者に「こうなることは分かっていた。獲ってくれる球団がないことも覚悟していた。でも、あきらめない」と語り、現役続行の可能性に懸ける意向だが、果たして生き残る道はあるのか。絶体絶命の状況に追い込まれたのは確かだ。

 >内視鏡手術のため入院≫清原はこの日午後1時前に都内の病院に到着。白のタンクトップにひざ丈のジャージー、素足にサンダルといういつものいでたちで、報道陣の問い掛けには無言だった。そのまま入院し、31日に左ひざ半月板損傷の内視鏡手術を受けることになっている。手術後は1週間ほどで退院。そのまま歩行などのリハビリを開始する。清原本人は復帰プランについて「まず手術してから。物事には順番がある」と話していたが、一般的に復帰には2カ月かかるとされる。今季中の復帰は絶望的で、公式戦での巨人のユニホーム姿は、今月11日の横浜戦が最後だった。

<コメント>

番長も年貢の納め時か??






新党結成巡る記事ねつ造、朝日新聞に抗議続々


 朝日新聞の長野総局の記者が、新党結成を巡る田中康夫・長野県知事の発言をねつ造した取材メモを作り、同紙がこのメモに基づく記事を掲載した問題で、朝日新聞東京本社など4本社には30日午後1時までに、読者などから電話や電子メールで約200件の意見が寄せられた。

 そのほとんどが抗議で、「すべての記事が信用できない」という批判もあったという。

 また同紙は30日朝刊で、〈1〉虚偽のメモを作った西山卓記者(懲戒解雇処分)が田中知事に直接取材しなかったにもかかわらず、メモをまとめる前に上司の長野総局長に対し、「知事に直接取材し、知事が亀井静香・元自民党政調会長と会談した事実を認めた」と虚偽の報告をした〈2〉田中知事から誤報を指摘された後、長野総局長は、知事に直接会って確認するよう西山記者に指示したが、同記者は取材しなかった〈3〉西山記者が、虚偽報告の事実を認めたのは、知事の指摘を受けた2日後だった――ことなどを明らかにした。

 朝日新聞は再発防止のため、特別チームを社内に発足させると発表しているが、メンバーを外部から選ぶかどうかなども含め人選は未定としている。

<コメント>

抗議の気持ちもよくわかります。
あまり,スクープを焦るあまり,無理をごり押しするのもどうかと…





手術中に患者の頭ポカリ「動くな」、医師を停職


 国立病院機構滋賀病院(滋賀県東近江市、朝山純院長)の医師が、手術中に「やめてくれ」などと言って暴れた患者に腹を立て、頭を殴って5日間のけがをさせていたことが30日、分かった。
 同機構は同日、国家公務員法に基づき、この医師を停職3カ月の懲戒処分にした。
 同機構の近畿ブロック事務所によると、医師は8月1日、局所麻酔をした患者の手術中、患者が「手術をやめてくれ」と言って体を激しく動かし始めたため、額をこぶしで1回殴り、「じっとしておけ。黙っていろ」などと暴言を浴びせた。
 医師は手術を途中で打ち切り、終了後に看護師が上司に報告。医師と副院長が患者と家族に謝罪した。患者は事前に手術に同意していたといい、患者は約3週間後に別の医師が再手術したという。

<コメント>

これも,気持ちはわからないでもないですが…
とにかく,暴力はいけません。





センター試験、英語に聞き取りテスト導入…06年入試


 文部科学省は30日、2006年度の国公立大入試の概要を発表した。

 大学入試センター試験の英語にリスニング(聞き取り)テストが導入されるのが大きな変更点。また、来春から新教育課程で学んだ高校生が受験し始めるため、浪人生らへの経過措置として、数学と理科で旧課程からの問題も選択できるようにする。

 来春のセンター試験で「5教科7科目以上」を課す大学は今春より4大学23学部増え、全体の約70%にあたる109大学402学部になる。

 一方、各大学の個別試験では面接や集団討論で人物重視の選抜を行う「AO(アドミッション・オフィス)入試」を実施するところが7大学20学部増え、来春は45大学121学部に上る。

 来春入試は、1月21、22日にセンター試験が行われ、前期日程は2月25日から、公立のみの中期日程は3月8日以降、後期日程は3月12日以降に実施される。

 少子化影響、国立大定員92人減

 文科省は30日、2006年度の国立大の入学定員(予定)を発表した。大学の学部定員は少子化の影響から全体で92人減の9万6393人となり、12年連続で減少した。ただ、埼玉大や愛知教育大などの教育学部では教員養成課程の定員が増えた。

 第2次ベビーブーム対策で大量採用した教員の一斉退職を控え、文科省が今春、教員養成系学部の定員抑制方針を撤廃したため。

 大学院では公共政策やビジネス系の専門職大学院新設などに伴い、今年度より定員が1015人増えた。

<コメント>

これは,ちょっと画期的かも?
日本人は,リスニング力不足が言われていますので,カンフル剤となるか??
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-31 10:25 | ニュース

朝日新聞 情報捏造 記者を懲戒解雇

d0000709_713183.jpg
ヨン様 映画のプロモーションで極秘来日
成田に600人集結==>




朝日新聞 新党結成取材で情報ねつ造、記者を懲戒解雇


 朝日新聞社は29日、田中康夫・長野県知事らの新党結成問題について、田中知事の取材メモをねつ造し、虚偽の記事を掲載したとして、同日付で長野総局の西山卓記者(28)を懲戒解雇し、木村伊量・東京本社編集局長らを減給・更迭するなどの処分をしたと発表した。
 記事は21日付朝刊2面に掲載された新党結成をめぐる「『第2新党』が浮上」と22日付朝刊3面に掲載された「追跡 政界流動」の2本。
 同社によると、長野総局で県政を担当する西山記者は、亀井静香・元自民党政調会長と田中知事の会談場所について、田中知事から取材したような内容の情報を社内に報告。この情報を基に同社は21日に「両氏が長野県内で会談した」との事実と異なる記事を掲載。22日にも田中知事が「亀井さんも、郵便局を守れっていうだけでは選挙に負けますよ。サラリーマン増税反対とか、もっと言うことがあるでしょう」などと話したとする西山記者の虚偽情報を基にした記事を載せた。
 23日の定例会見で、田中知事が「確認取材を受けていない」と指摘したことから、社内調査を実施した。西山記者は調査に対し「田中知事からこれぐらい聞けるんだというのを総局長に見せたかったのかもしれない。あとから考えれば功名心だったかもしれない」と話しているという。
 その他の処分は▽金本裕司・長野総局長=減給・更迭▽脇阪嘉明・東京本社地域報道部長、持田周三・政治部長=けん責▽曽我豪・政治部次長=戒告▽吉田慎一・常務取締役編集担当=役員報酬減額10%3カ月。処分は29日開いた臨時取締役会で決め、田中知事と亀井氏側に謝罪した。同社は30日朝刊で「おわび」記事を掲載し、読者に説明するという。
  吉田慎一・朝日新聞社常務取締役(編集担当)の話 あたかも取材をしたかのような報告メモをつくり、それが記事になるという、朝日新聞の信頼を揺るがす極めて深刻な事態が起きてしまいました。田中康夫・長野県知事や亀井静香・元自民党政調会長ら関係者と読者のみなさんにも深くおわび致します。特別チームを社内に立ち上げ、傷ついた信頼の回復のため具体策を早急に公表します。
  朝日新聞の発表内容要旨
 社内調査によると、西山卓記者は長野総局長らを通して政治部から亀井、田中両氏が「(8月)中旬に2人が会っていた」という情報について情報があったら知らせてほしいと頼まれていた。
 記者は20日、長野県塩尻市で開かれた車座集会で取材をしたが、国政に関する話は出なかった。その後、田中知事に対する直接取材をしなかったが、2人が長野県内で会談していたと知事から取材できたかのような虚偽の情報をメールにし、総局長や県政キャップ、政治部記者に送った。
 発覚の端緒は23日、知事が県庁で開いた定例会見。知事は「亀井氏と会ったのは東京都内であり、長野県ではお目にかかっていない」「この件について朝日新聞記者の確認取材は受けていない」などと指摘した。
 21日付朝刊の「長野県で会談」という部分と22日付朝刊の記事中、亀井氏と会談した知事が「亀井さんも、いろいろ大変かもしれないけど、郵便局を守れっていうだけでは選挙に負けますよ」などと話した、とされている部分が、いずれも虚偽情報に基づいていたことが判明。さらに、第2新党結成の前日に知事が「民主党だけでなくいろいろな政党に友人がいる」と周囲に漏らした場面や「郵便局守れだけでは」の見出しも、こうした虚偽情報に基づくものであることが分かった。
 社内調査に対し、記者は「知事からこれぐらい聞けるんだというのを総局長に見せたかったのかもしれない。あとから考えれば功名心だったかもしれない」などと話している。

<コメント>

『誤報の朝日』ではないですが,適当に報道して,あとは何とかなる…そういう社風がもともとあるのではないでしょうか?




辻内 大学生を0封


9月2日から韓国・仁川で行われる第6回アジアAAA野球選手権大会に出場する全日本高校選抜チーム(如水館・迫田穆成監督)が28日、大阪府吹田市の日本生命グラウンドで関西大学と練習試合を行った。先発した大阪桐蔭・辻内崇伸投手(3年)は3回無失点3奪三振と上々の滑り出し。試合は関大が9―8でサヨナラ勝ちした。
 甲子園の怪物は、大学生のレギュラーメンバー相手にも全く危なげないピッチングを見せた。全日本選抜“初戦”のマウンドを飾った辻内は、MAX150キロをマークする速球で関大打線を3回無失点。中前打1本に抑えた。
 「大学生相手なので打たれても仕方ないという感じで、思い切ってできた。全力で投げたし球も走っていた」と充実感を漂わせた。最後の公式戦だった選手権大会準決勝から9日あき、休養も挟んだためか、のびのびした様子。「ストライクが入ってくれてよかった。真っすぐは放りやすいが、変化球は抜けてしまうので」と縫い目が若干高い国際球に苦しみながらも貫録を見せた。
 相手の先発・岩田稔投手(4年)は高校の先輩。岩田が母校の練習に訪れたときはよく話をする間柄という。「尊敬しているのでいいところを盗みたいと思っていた。投げ合ってみて、もう少しカーブを使った方がいいなど勉強になった」と振り返った。
 プロ8球団24人のスカウトも集結し、金の卵たちのプレーを見守った。阪神・佐野西日本統括スカウトは「力があるし大学生から三振を取っていた。実戦から開いたけどしっかり放っていた」と話した。巨人・末次スカウト部長も「70~80%の状態だろうが、そんな中でよく投げている」と評価していた。

<コメント>

やっぱり大物。夢は,大リーグか??





星野巨人に拒否反応…巨虎ファンが珍しく一致


 巨人の次期監督候補として注目の阪神・星野仙一シニアディレクター(SD=58)と阪神、巨人ナインが一堂に会した28日の甲子園。その動向には虎党、G党とも興味津々。球場にきたファンの声を聞くと、「星野巨人」の言葉の響きに、双方が拒絶反応を示すという結果になった。

 星野SDについて、球場に詰め掛けたファンの関心は非常に高い。

 スタンドの阪神ファン15人に聞いたところ、容認派が3人、反対派が12人。スタンドで応援していた尼崎市の井奥隆幹さん(32)、めぐみさん(32)夫妻の間の意見の相違が最もオーソドックスなところか。

 「請われたら巨人に行きそうな気がするけど、しゃあないわ。強くなるだろうし、きっと憎たらしい相手になる。阪神と巨人で優勝争いするのが面白い」とダンナさんが言えば、奥さんは「『打倒巨人』で優勝もしてくれて、今さら巨人に入ってほしくない」

 レフトスタンドを埋めたG党15人に意見を聞いても、「星野巨人」容認は3人だけ。外部招聘(しょうへい)のアレルギー反応は結構キツい。

 京都市の宮村一己さん(58)は、「いらん、いらん。誰が監督になるのがイヤといって、星野が一番イヤ。やっぱり原がいいんじゃないか。おととし阪神が優勝して、今度巨人にきて勝ったら、また星野がヒーローみたいになるやろ」と、敵将として巨人に立ちはだかった星野SDに抵抗感はぬぐえない。

 容認派も条件が付く。和歌山県串本町の浦地将太さん(21)は、「星野さんが巨人に来てもいいけど、監督は堀内さんを永久追放にして原さんしかいない。星野さんがフロント的な立場で、現場は原監督という形にしないと納得できない」。

 関西のG党は結構、「だれがやっても来年は優勝する」と思っているようで、星野SDに対する需要はそれほどではないというのが実際のところ?

<コメント>

星野氏は『毒』でもあるわけで,周囲も少し慎重ぎみ?




カズ“世界”にNO!クラブ選手権よりJ2


 サッカーJ2の最年長ゴールを更新した横浜FCの38歳ストライカー三浦知良が、今年12月に日本で行われる6大陸王者決定戦「サッカー世界クラブ選手権」出場の“オファー”を断っていた?!

 J2の横浜FCのカズは出場4試合目(27日、対甲府戦)で25メートルFKを決め、J2初ゴールを飾った。キングの実力は意外なところで見込まれていた。実は豪州のシドニーFCがカズ獲得のオファーを出していたのだ。同クラブはオセアニア地区代表として世界クラブ選手権に出場する。同クラブの指揮官は、横浜FC元監督のリトバルスキー氏だ。

 カズが横浜FCと契約した後も、「所属チームには迷惑をかけない。大会期間中のレンタル移籍でもいいから来てほしい」という熱の入れようで、一気に商談が進む可能性もあったが、カズの出した結論は「NO!」。カズの父、納谷宣雄氏は「横浜は知良中心のチームを作ると約束してくれている。いくら言われようが仁義に反するからね」と説明した。

 クラブ選手権出場には欧州代表リバプール、南米代表サンパウロFCなどが出場するが、Jクラブ(磐田、横浜M)が予選で敗退。その目玉として放映権を持つ日本テレビも、「カズの世界クラブ出場」のため、シドニーFCへのレンタル移籍を薦めていたというが「丁重にお断りした」(納谷氏)という。

 27日の試合は9000人近い観客が入るなどカズ人気は抜群。世界よりJ2でもうひと花。日本にいてこそカズ人気は衰えない。

<コメント>

海外からのオファーとは,実力ある人はホント羨ましい。
まだまだ活躍期待しています。
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-30 07:13

首相のガリレオ引用 研究者が苦言

d0000709_2483624.jpg


 「郵政・ガリレオ解散」。今回の衆院解散を命名するのに小泉首相は、地動説を唱えたイタリアの物理学者ガリレオ・ガリレイの名を借用した。

 これに対し、郵政民営化関連法案反対票組の前衆院議員、亀井静香さんは「あの人(小泉首相)は天動説だ」と切り返す。ガリレオ研究者はどう見ているのか。

 「研究者としては、気安くガリレオを持ち出さないで、というのが本音」と苦言を呈するのは、「ガリレオ」(中公新書)の著書もある金沢大大学院自然科学研究科の田中一郎教授(科学技術史)だ。

 ガリレオは、天動説が常識だった時代に地動説を唱え、異端審問にかけられた。首相は、郵政法案が参院本会議で否決された自らの境遇を、ガリレオと重ね合わせているらしい。

 異端審問で、ガリレオが「それでも地球は動く」と言ったとされるエピソードは有名だが、田中教授によると「そう言った事実はない」という。後世の伝記作家の創作らしく、研究者の間では「よくできたお話」で通っているそうだ。ガリレオは有罪を宣告され、地動説を撤回する。田中教授は「郵政民営化が地動説と同じような真理かどうかは別として、小泉首相がガリレオを名乗るなら、最後には郵政民営化を撤回することになってしまうが……」と話す。

<コメント>

あのシーン,突然ガリレオ=ガリレイが出てきまして,唖然としたものですが…
さて,小泉さんの地元はどうなっているか?↓





小泉お膝元異変、羽柴秀吉、元レ大使…続々名乗り 選対本部長が離反


 無風が続いた小泉純一郎首相(63)のお膝元、神奈川11区(横須賀市、三浦市)にさざ波が立ち始めている。「小泉絶対優位」は不変だが、長年、選対本部長を務めた県議が離反したことで「数万票は失われる」(関係者)との見方も。民主党は参院当選2回の斎藤勁(つよし)氏(60)=写真左=を送り込み、天敵の田中真紀子元外相(61)も応援に呼ぶなど鉄板に風穴を開けようと必死だ。公示直前には元駐レバノン大使の天木直人氏(58)=同下=も立候補を表明するなど、ちょっとした群雄割拠の状態となっている。
 「小泉事務所の対応は納得できない。もう解散から1週間がたつのに選挙の話もない。今回は声をかけられても(選対本部長を)やる気もない」と憤るのは、自民党県連副幹事長の竹内英明県議(54)。
 竹内氏は親子2代で小泉首相の選対本部長を務め、前回(平成15年)衆院選は17万4000票(得票率74%)を獲得し、圧勝に導いた。
 ところが、小泉事務所と竹内氏側には、今年6月の横須賀市長選で軋轢(あつれき)が生じた。
 小泉事務所は旧自治省出身の同市副市長を全面的に支援したが、竹内氏や地元市議は「横須賀では官僚出身の市長が2代32年も続いた。ハコモノ行政をストップさせたかった」と反発。自民党市議が離党して立候補し、竹内氏らが勝手連で支援した。
 小泉首相は告示直前の5月28日に「視察」としては首相就任以来初のお国入りをし、新設された公園(ハコモノ)などを訪問したうえ、前市長と会食までした。当時、副市長は前市長の後継と目されていた。
 竹内氏は「そんな時期に(前市長に)接触するとは、選挙の応援とみられてもおかしくない。しかも、われわれには直前まで知らせず、公園を視察してみせた」と冷酷な仕打ちに憤激、距離を置くようになったという。
 前回、大敗を喫した民主党は「刺客」として党総務局長の斎藤氏へ岡田克也代表(52)が直々に出馬を要請。すでに菅直人前代表(58)、岡田代表が一度ずつ応援演説に地元へ訪れ、今後は小沢一郎副代表(63)や真紀子氏にも応援要請する予定だ。
 斎藤氏は「『象徴選挙』と代表もいってくれた。時の総理は大変な相手に間違いないが、指名いただいたことを誇りに思う」と、朝早くから夜遅くまで精力的に選挙区を走り回る。
 一方、地元の事情通は「(小泉陣営は)何もやってない。首相本人の選挙区入りの予定もないようだ。名前だけでも8万票は固い」と分析する。
 “変人”が“変人”を呼んだのか、青森県五所川原市から羽柴誠三秀吉氏(55)が参入。天木氏も電撃的に立候補表明し、斎藤陣営は「これまでやってきたことをやるのみだが、新たな候補者が出ることで引き締めをはかる」(選対幹部)と警戒する。横須賀の小泉事務所は「ノーコメント」と、選挙態勢同様、余裕を見せる。
 小泉陣営に今回はノータッチとなる竹内氏は「(小泉首相が)勝つだろうが、前回ほどというわけにはいかない。票差は詰まると思うよ。小泉改革で膝元の票が減ることになれば…小泉事務所はどう考えているのか」と苦言を呈した。

<コメント>

いよいよ,公示。ヒートアップも,まだまだ前奏曲?





星野氏は「何もないよ」 巨人の来季監督問題


 巨人の来季監督候補の1人に挙げられている阪神の星野仙一シニアディレクターが28日、阪神-巨人のテレビ解説で甲子園球場を訪れたが「何もないよ。(チームが)優勝争いしとるやないか」と話し、監督問題に関する質問をかわした。
 星野氏は試合前、阪神の牧田球団社長らと編成面について会談。同社長は「お互い大変ですねという程度の会話で(巨人の件での)確認はしていない」と話した。
 星野氏はテレビ解説の中で、アナウンサーの質問に対し「候補にのぼったというだけ。もっときちんと取材して報道してほしい」と答え、具体的な交渉については「ない」と話した。

星野仙一公式HP

<コメント>

とりあえずは,阪神優勝の方に注目することと致しましょう…





ソフトバンク ロッテのプレーオフ進出決まる


 パ・リーグは28日、3位のオリックスがロッテに敗れたため、ソフトバンク、ロッテのプレーオフ進出が決まった。ソフトバンクは2年連続のプレーオフ進出。ロッテのAクラス入りは、95年に2位になって以来10年ぶり。

<コメント>

短期決戦に強いと言われているロッテ。今年は,プレーオフ以降も見所満載のようです。
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-29 02:48 | ニュース

渡辺会長認めた!『星野監督』打診

d0000709_99171.jpg
いやー,惜しかった(記事下) ==>





渡辺会長認めた!巨人が星野SDに来季監督就任を打診


 巨人・渡辺恒雄会長(79)が26日、阪神・星野仙一オーナー付シニアディレクター(58)に来季監督就任を打診していることを初めて、認めた。この日都内で会食後、「彼も彼の借りもある。そう簡単な話じゃない」と話した。渡辺会長の言う“借り”とは『阪神からの円満退団』を指すものとみられ、今後は原辰徳氏の処遇など、星野氏が危惧する問題点が解決された上で、9月中にも行われる読売、阪神両本社のトップクラスによる会談の中で、読売側から星野氏の譲渡が申し込まれると思われる。

 ついに巨人が認めた。巨人の次期監督として阪神・星野シニアディレクターに打診していることを、読売グループのトップ、渡辺恒雄・巨人軍球団会長が言及した。

 「だからね、ああ(星野氏は)立派な監督だよ。何度も言うように。だけど彼も彼の“借り”もある。そう簡単な話じゃあない」

 22日付のサンケイスポーツで報じた通り、巨人側は次期監督候補として星野氏に絞り込み、すでに就任の打診を行っている。OBを中心とした候補者の中から星野氏を推したのが渡辺氏だった。阪神での改革の手腕にホレ込み、低迷が続く巨人の『救世主』として期待。初の外部招聘(しょうへい)監督として白羽の矢を立てた。

 渡辺氏はこれまで星野氏について、「立派な監督」と一般論は口にしながら、就任打診に関する質問はすべてかわしてきた。「そう簡単な話じゃない」と言い放った言葉の裏側には、星野氏への熱い思いがうかがえる。

 星野氏に近い関係者によると、星野氏は打診を受けるにあたり以下の3つの問題点を熟考しているという。〔1〕公私ともに関係の深い原辰徳前監督(47)の処遇、〔2〕巨人OB会の全面支援、〔3〕阪神からの円満退団-。

 このうち、渡辺氏が口にした“借り”とは、〔3〕のことを指すものとみられる。阪神側は星野監督の慰留に全力を注ぐ方針で、22日には手塚オーナーが文書で「星野氏は当球団にとって貴重かつ必要な存在であり、他球団への移籍は想定しておりません」と宣言。これまでの単年から複数年契約に変更して流出阻止に動くのは必至だ。

 この日、同じホテルで別の会食に出席した日本テレビ・氏家斉一郎取締役会議長(79)は、「改革には外からの血が必要? まあそういうことになるのかな」と改めて外部招聘の可能性を肯定。「オレは内部のどっかから来るってことになんじゃないかって気がしてるけど」とけむに巻いたが、これもこれまでの球界の常識を覆すライバル球団同士の“監督譲渡”の難しさを示している。

 もっとも読売グループのトップが認めたことで、今後は星野氏との交渉が一気に加速する可能性もある。9月中にも行われる正式要請の席で読売側が原氏の入閣など星野氏が危惧(きぐ)する諸問題をクリアし、その上で阪神に正式譲渡を申し入れる。それが『巨人・星野監督』誕生の道筋となる。

<コメント>

とうとう来ました!! 星野巨人 誕生なるか?






イチローも脱帽「先にやられた」


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
ホワイトソックス 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0 2 5
マリナーズ 0 0 1 0 1 0 0 1 0 0 0 0 3
[勝]ビスカイーノ 6勝5敗
[S]ハーマンソン 32S
[敗]ネルソン 1勝3敗
[本]アンダーソン1号、2号2ラン、井口13号2ラン(以上ホ)、
   トーレアルバ1号(マ)

 カウント0―3から外角高めの直球を強振して空振り。続く外角直球も強振して三邪飛に倒れた。「あそこの球はちょっと難しい。結構面白いけど」延長10回2死無走者。本塁打が難しいコースにもかかわらず、あえて一発を狙った。この凡退で8月としてはオリックス時代に初の首位打者を取った94年以降、初めて打率3割を切ったが、最後まで見せる野球を貫いた。最下位に沈むマ軍のファンに対する「感性」を51番が打席で見せた。

 最後にスタンドを沸かせたのはメジャーの後輩、井口だった。井口の打球を、右翼からじっくりとながめた。「(今の活躍は)驚くことではないけど、今日は僕がやろうとしたことを最後、簡単にやられたわけですからね。ふざけるなっていう感じだよね」目の前で殊勲打を放った後輩に、笑いながら冗談を交えて賛辞を贈った。

 4月に顔を合わせたとき「やろうとすることに意図を感じる」と井口の可能性を話していた。「あの時は数字は出ていなかったけれど、4月の時から嫌な打者だった」天才の目は春先から井口の活躍を見抜いていたのだ。

<コメント>

イチロー選手が脱帽するくらいの,井口選手の活躍。
どうせなら,このまま新人賞を…。





西1-0楽(27日) 西口が1安打完封


 西武の西口が9回まで“完全”ペース。延長10回、先頭の沖原に安打を許し、大記録を逃したが、1安打完封でリーグトップタイの16勝目。西武は10回に石井義がサヨナラ二塁打を放った。楽天は一場を援護できなかった。

  パ・リーグ
 西武-楽天18回戦(西武11勝7敗、18時、インボイス西武、19、808人)
 楽 天 000 000 000 0-0
 西 武 000 000 000 1x-1
(延長10回)
  勝 西口21試合16勝4敗
  敗 福盛44試合4勝2敗10S

<コメント>

西口選手,かつてより応援してましたが,このところの偉業を逃しているところを見て,本人以上に残念。ライオンズ,もっと打たなければ!!





<J1>ガ大阪の宮本、イタリア移籍断念


 J1ガンバ大阪の日本代表DF宮本恒靖(28)は27日、イタリアのセリエA・トレビゾからの獲得の申し入れを断った。宮本はかねてから欧州でのプレーを希望していたが、W杯を控えており、またガンバ大阪も優勝争いしていることから、今回は断念した。宮本の代理人は「本人が今回はいかないと決断した」と話した。

<コメント>

W杯も近く,今の移籍はちょっと…で,是非本番ではがんばってください!!
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-28 09:09 | ニュース

発表!! イイ男ランキング

d0000709_913543.jpg
新ボンカレー パッケージには松坂慶子を採用 ==>





 週刊音楽エンターテインメント誌「oricon style」は8月26日発売号で、読者および、オリコンの自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】調査による、『イイ男ランキング』のアンケート結果を発表した。
総合ランキング『カッコいい男BEST10』のNo.1に輝いたのは福山雅治。「ライフスタイルがカッコイイアーティスト」部門、「自然体なところが魅力的なアーティスト」部門でも堂々の1位。その他、「セクシーさが魅力」、「落ち着いた大人の雰囲気が魅力的」といった部門でも2位に入るなど、飾らない魅力が多面的な高評価につながった。また「声が大人の男性を感じさせるセクシーさ」(28歳女性)といったコメントに代表されるように、「声」に魅力を感じるファンが多いのも彼の特徴のひとつ。

総合ランキング2位はGackt。「謎めいたところが魅力のアーティスト」部門、「セクシーさが魅力のアーティスト」部門で1位を取ったところはGacktらしい。一方で「知的な雰囲気がカッコイイ」や「ファッションセンスがカッコイイ」といった部門でも2位に入っているのは、彼が幅広く支持される理由だろう。「顔は美形だし、CMの裸が超セクシー」(18歳女性)といった、その肉体美への賛美の声が多いのも特徴だ。

総合ランキング3位は平井堅。「落ち着いた大人の雰囲気が魅力的なアーティスト」での1位は順当な結果。その一方、対極的ともいえる「ワイルドな魅力がカッコイイアーティスト」部門でも4位に入っているのがスゴイ。また「知的な雰囲気がカッコイイ」部門でも高評価を得ており、「落ち着いた大人で、知的な雰囲気があり、かつワイルド」という3拍子揃ったイイ男という好評価を受けている。
以下、総合ランキングには、B'zの稲葉浩志、Mr.Childrenの桜井和寿が続いた。

本アンケートでは、「総合ランキング」(1~10位)のほか、「ワイルドな魅力がカッコイイ」「やんちゃな雰囲気が魅力」「ライフスタイルがカッコイイ」など9項目についてそれぞれのイイ男1~5位を発表! 詳細は「oricon style」8月26日発売号で。

<コメント>

う~ん福山ですか?案外普通っぽいのが良いのかな?




民間8団体が政権公約を採点、個別政策は厳しい評価も


 衆院選で各政党が掲げる政権公約(マニフェスト)を元に、有権者が政権を委ねる政党を選択する仕組みが回り始めた。

 26日には、「政権公約検証緊急大会」が都内で開かれ、経済同友会など8団体がそれぞれ自民、公明、民主3党の公約の評価を発表した。各政党は、前回の衆院選から数値目標などが入った政権公約を掲げ始めており、その達成度などを点検・評価することで、有権者が今回衆院選の投票先を選ぶ判断材料にしようというものだ。

 大会は、民間有識者で作る「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)が主催し、経済同友会のほか、全国知事会、構想日本、連合、日本青年会議所、言論NPO、日本総合研究所、PHP総合研究所が参加した。

 小泉内閣と与党の実績評価は、自公両党が2003年の衆院選での政権公約の達成度について、各団体が総合評価と個別政策ごとに100点満点で採点した。民主党については、政権を担ってきた訳ではないため、今回の衆院選の政権公約で評価した。

 小泉首相が手掛ける構造改革路線については、積極的に評価する声が多かったが、個別政策では辛口の採点が目立った。

 経済同友会は、自民、公明両党ともに総合評価で65点とした。自民党の個別政策に関しては、不良債権処理問題を解決したとして、「金融再生」に100点を付けたほか、構造改革特区を導入したことなどで「規制改革」に80点と高得点を付けた。一方、「医療制度改革」と「公務員制度改革」には十分な成果が上がっていないとして40点、法案が廃案となった「郵政民営化」は50点だった。

 PHP総研は、総合評価で、自民党32点、公明党24点と厳しい見方を示した。全国知事会は、地方分権改革に限って採点し、両党とも60点とした。国と地方の税財政を見直す三位一体改革に関し、税源移譲が進みつつあることは評価したが、省庁の抵抗が根強いことから減点した。

 一方、民主党については、経済同友会が「表記の充実度」に関し、与党を上回る点数を付けるなど、公約の書きぶりを評価する声が多かった。ただ、政策の実現性については「裏付けが不十分」「社会保障の充実と財政再建の両立は疑問」などと、注文も相次いだ。

<コメント>

各方面,郵政解散に注目しているようです。





日本ハム 浦学・今成指名へ 父はスカウト 変則“親子鷹”


 日本ハムが、10月3日の高校生ドラフトで浦和学院の今成亮太捕手(17)を指名することが25日、分かった。同捕手は、日本ハムの今成泰章スカウト(50)の二男。これまで、スカウトの実子を所属球団がドラフト指名した例はなく、史上初の変則“父子鷹(おやこだか)”が誕生することになりそうだ。

 高田GMは「高校生捕手を指名する予定。(今成は)時間はかかるだろうが、センスがいいと聞いている。他の球団は手を出しにくいだろうし」と指名を示唆。平安・炭谷らもリストアップしているが、下位での単独指名が可能な今成を指名する方針だ。

 亮太捕手は24日、浦和学院の3者面談に、あくまで父親としての泰章スカウトと共に出席し、クラス担任に「ドラフト待ち」の姿勢を伝達済み。複雑な立場のため、徳田スカウトに担当を任せている泰章スカウトだが、プロとしての選手経験がないこともあり「もし指名があれば、ユニホームを着せてあげたいという気持ちはある」と話した。

 また、高田GMはこの日、都市対抗を視察。ドラフト上位候補のホンダ鈴鹿・高宮和也投手(23)らに熱視線を送っていた。

 >今成 亮太(いまなり・りょうた)1987年10月6日、埼玉県生まれ。17歳。小学1年から「水谷フェニックス」で野球を始める。浦和学院では1年春からベンチ入りし、1年秋から正捕手。2年夏、3年春に甲子園出場。遠投110メートルの強肩を誇る。177センチ、70キロ。右投左打。

<コメント>

父親がチームにいると,やはり何かと安心??





パ・リーグ 来季からマンデー廃止 セ・パ交流戦実現で


 プロ野球のパ・リーグは来季から、「マンデー パ・リーグ」の廃止を決めたことが26日、分かった。観客動員数でセ・リーグに水を開けられたパが独自色を打ち出そうと、プロ野球で初の試みとして01年から導入していた。パ理事会で「セ・パ交流戦が実現したことで役割を終えた」と来季から廃止することで一致していた。

<コメント>

これにて月曜日に,サッカーの代表戦や世界タイトルマッチなどのビッグイベントが来そうです。
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-27 09:14 | ニュース

星野氏帰国 口は開かず

d0000709_8202216.jpg
星野氏は口を開かず 巨人の次期監督問題で


 巨人の次期監督候補の1人に挙がっている前阪神監督の星野仙一氏=現阪神シニアディレクター=が25日、関西空港着の航空機で、滞在先の米国から帰国した。
 空港ロビーには、報道陣約70人、ファン約200人が殺到。黒のポロシャツ姿で現れた星野氏は終始険しい表情で、報道陣からの「巨人の監督との一部報道があったが」「打診はこれまでにあったのか」との質問に一切口を開かず、迎えの車に乗り込んだ。
 また巨人の滝鼻卓雄オーナーは同日、東京都内のホテルで渡辺恒雄球団会長と会食後、星野氏について問われたが「(星野氏のことは)僕はよく知らないから分からない」とかわした。また、この日、外部からの招聘(しょうへい)の可能性もあることが一部で報道されたことには「わたしは一切関知してないから」と語るにとどまった。

<コメント>

信じられないような巨人の不振にまつわるストーブリーグが,これからヒートアップしそうです。これまた,ちょっと楽しみ…





小泉首相 森前首相と会食 豪華仕出し弁当で和解成立


 小泉純一郎首相は25日夜、自民党本部で森喜朗前首相と会食した。両氏が会うのは6日、森氏が解散回避の説得で首相公邸を訪れ、「干からびたチーズ」と缶ビールしか出なかったことに怒って以来。チーズはその後、フランス高級チーズ「ミモレット」と分かった。
 豪華な仕出し弁当でもてなした首相は「選挙後はミモレットのある高級レストランに招待したい」。森氏も「今日はごちそうだった」と喜び、「和解」となった。


<コメント>

さて,一段落したようですが,公示まで後1週間,”刺客”候補も出揃い,さてどうなりますか?





自殺サイト、規制強化へ 接続業者に情報開示求める総務省・警察庁が指針


 総務省と警察庁は25日、インターネット上で自殺の予告や集団自殺を呼び掛けるサイトの規制を強化することを決めた。自殺決行日が間近に迫るケースなど迅速な対応が必要な書き込みを対象に、ネット接続業者に対し発信者の情報を警察に開示するよう求める指針をまとめた。サイト上の出会いを端緒とする集団自殺の増加に歯止めを掛けるのが狙い。
 指針は、両省庁と電気通信事業者協会、日本インターネットプロバイダー協会など関連4団体が策定。9月下旬まで一般の意見を募り、10月の導入を目指す。

<コメント>

これ以外にも,あんまり酷いサイトについては,情報開示を求めて行ってはいかがかと… 




新球技場名は「フクアリ」=J1千葉


 Jリーグ1部(J1)、千葉の新本拠地として千葉市内に建設中のサッカー専用、千葉市蘇我球技場の命名権(ネーミングライツ)を取得した医療機器メーカーのフクダ電子(東京)は25日、都内で記者会見し、名称が「フクダ電子アリーナ」(略称フクアリ)に決定したと発表した。

 こけら落としは10月16日のJ1、千葉-横浜M戦で、年内は計5試合が予定されている。サッカー専用球技場を対象とした命名権は国内初。命名権の期間は2011年3月末までの5年半で、金額は4億5000万円から5億3000万円。 

<コメント>

ううう…『フクダ電子アリーナ』とは…この際,フクダ電子(JASDAQ)にでも,注目しましょうか?(案外上がってきています…)
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-26 08:21 | ニュース

川口左ひざ負傷…長期離脱も

d0000709_947422.jpg


 日本代表GK川口能活(30=磐田)がアクシデントに見舞われた。24日のG大阪戦(金沢)で左ひざを痛め、前半19分に交代。山本監督によると「ひざ周辺部の筋肉が固まったような症状」で、25日に静岡に戻って精密検査を受けることになった。

 川口能は試合前のウオーミングアップで左ひざに違和感を覚えた。序盤はG大阪の猛攻をしのいでいたが、我慢もここまで。「急にこらえきれなくなった」と前半19分に突然座り込み、自ら交代を要求して担架で運ばれた。左ひざは13日のナビスコ杯・千葉戦(ヤマハ)でも打撲。「ごまかしながらやっていた」と本人が明かすように、17日のW杯アジア最終予選・イラン戦、20日の横浜戦は強行出場していた。しかし結果的には完治しないまま同じ個所を痛めるという最悪の事態。ひざ周辺部の筋肉が動かないということは、じん帯を損傷している可能性もあり、そうなると長期離脱の可能性も出てくる。

 守護神の負傷退場もあり、チームは後半に3点を許して今季初の逆転負け。DF服部も交代枠を使い切ったあとに左ふくらはぎを痛めるなど、磐田にとっては故障に泣かされる試合となった。

 <光った前線トリオ>G大阪は前節4失点したDFラインは宮本を中心にシジクレイを右に置き、中盤は両サイドを入れ替えた。慣れない配置で苦戦を強いられたが、リーグ随一を誇る攻撃力が悪い流れを断ち切った。後半21分にフェルナンジーニョが同点ゴールを奪うと、同28分、39分にはアラウージョが加点。この2人に大黒を加えた前線のトライアングルが速いパス回しで磐田DF陣を粉砕、3―1で勝利した。20試合20ゴールのアラウージョは「これが僕ら3人の特徴。もっと良くなる」と自信満々だった。

<コメント>

これは,ちょっと困ったことになりました…





巨人 星野氏に球団初のGM招へい


 抜本的なチーム改革が緊急課題となっている巨人が星野仙一氏(58=阪神オーナー付シニアディレクター)を球団初のGM(ゼネラルマネジャー)として招へいする方針を固め、近く交渉に入ることが24日、明らかになった。球団ワーストタイの3年連続V逸が決定的となった巨人は既に原辰徳氏(47=前巨人監督)を最有力候補に来季監督の人選を進めている。星野氏は米国での取材活動を終え、25日にも帰国する。

 巨人が星野氏に白羽の矢を立てた理由を読売関係者の1人は「チームを変えるには彼の持つ毒が必要だからだ」と説明している。03年、阪神を18年ぶりの優勝に導いた星野氏。そのベースとなったのが02年オフに断行した前例のない大改革だった。巨人同様、保守的な抵抗勢力が強い阪神にあって23人をリストラ。他方、幅広い人脈を駆使し、FAで金本、片岡を獲得するなど根本的にチームをつくり替えた剛腕ぶりを含め“毒”と表現したものだ。

 渡辺球団会長自ら「歴史的危機」と表現する今の巨人。3年連続V逸のみならず清原、ローズ、桑田ら主力選手の去就問題からテレビの低視聴率まで難問山積の状態だ。チームをつくり替えるといっても容易ではないが、だからこそ「毒」が必要となる。

 星野氏と来季監督の最有力候補になっている原氏は緊密な関係にある。03年10月7日、巨人退団が決まった原監督と優勝を決めた星野監督の“涙の抱擁”は記憶に新しい。ビジターの甲子園でありながら、退団セレモニーが実現したのは星野氏が強く阪神に働きかけたいきさつがある。その前夜には電話で1時間以上話し合い「必ず帰ってこい」と星野氏が激励した経緯もある。巨人が星野GM―原監督プランを描くのも、両者の人間関係が円満だからだ。原氏も最近参加した男子プロゴルフのプロ・アマ大会でのスピーチで「僕の本業は野球です」と監督復帰の意思を強くにじませている。

 とはいえ、星野氏は現在、阪神の球団幹部。契約は1年だが、手塚オーナーから続投を強く要請されている立場にある。関西を中心に圧倒的なファンの支持を得ている星野氏がライバル球団に移るとなれば、相当な反発も予想される。

 テレビの取材などで今月8日に渡米した星野氏は阪神―巨人戦(28日、甲子園)のテレビ解説に備え、25日にも帰国する。既に一部で「来季の巨人監督候補」とも報じられていることなどから、帰国後の言動が注目されるのは確実だ。

 近く巨人から要請される「GMポスト」を受け入れ、今度は巨人再生に熱血を注ぐのか。あるいはSDとして引き続き、阪神の黄金時代の構築に力を傾けるのか。二者択一を迫られる星野氏から目が離せなくなった。

 氏家取締役会議長「まとまっていない」≫日本テレビの氏家取締役会議長が都内の日本テレビ本社で渡辺球団会長と会談した。巨人の相談役も務める氏家議長は「政治家を呼んで政局の動きを聞いてたんだ」と説明したが、来季の監督候補については「OB以外にも幅広く?そういうスタンスだと思う」と外部招へいの可能性を示す一方「まだまとまっていない。これは間違いなく」と話した。

<コメント>

ホントに本気??





駒苫、隠ぺい工作続々 部長暴力事件


 第87回全国高校野球選手権大会で57年ぶりの夏連覇を達成した駒大苫小牧(南北海道)の野球部長(27)が部員1人に殴るなどの暴力を加えていた問題で、当該部員の父親が24日、スポーツ報知の取材に応え、学校側が事実の隠ぺい行為と取られかねない発言を繰り返していたことを明らかにし、今後の学校側の対応次第で訴訟などの法的手段に訴える姿勢を見せた。一方、学校側はこの日の会見で暴力行為の状況を訂正。調査委員会の設置など事実関係を改めて確認する姿勢を示した。

 被害部員の父親は、強い怒りをにじませていた。この日、札幌市内の病院で部員は3時間にわたって精密検査を受けた。病院は現在、相談をしている弁護士に紹介されたという。今後、診断書を作成するために検査を行ったようだ。

 「自分たちの願いは、部長にきちんと謝罪してもらうことだけ。しかし、謝罪がなければ、訴訟はもちろん考えている。その時はとことんやるつもりです」法的手段に訴えてまで、真実を争う意思をあらわにした。

 6月2日の暴力について、お互いの言い分は一致していない。父親は「少なくとも20回。(学校側の主張する)3、4発なんて絶対にあり得ない」と主張。また、大会期間中に弁護士に相談したところ「部長へ暴力行為を認めさせるなら、一筆書かせるように」との指示を得たため、ファクスでの文書の送信を求めたが、その後、連絡がないという。

 学校側は夕方、原正教頭(50)が会見を行い、部長が同校の事情聴取に対して「バットで押したり、手で押したことを含めると、10回ぐらいはやったかもしれない」と答えるなど、「平手で3、4発」という従来の主張を訂正。一方で、父親が「部長は暴力で手を骨折した」と話していることには「元々、手を痛めていた」と否定した。

 しかし、学校側が“もみ消し工作”を行っていた疑いは強くなった。原教頭は会見で当該部員に「(叩かれた回数を)3、4発にすれば、(新チームが)秋の大会に出られるかもしれないが、それは真実を曲げることになるよな」と圧力とも取れる発言をしていたことを認めた。原教頭は「2連覇して、君もうれしかったろう。だから後輩にも、秋の大会に向けて頑張って欲しいだろう」と伝えたという。また、父親によれば、大会終了後、篠原校長が「今だったら、何とかなる。何とかならないものでしょうか」と申し出、父親が「それはなかったことにしろということでしょうか」と突っぱねたという。

 また、学校側は暴力の現場にいた主力選手7人から事情聴取した。その結果「2、3発平手で叩いたら(被害生徒が)反抗的に部長に詰め寄った。30~40発なんて絶対に殴っていない」と話し、8月7日のスリッパ殴打事件についても「(被害生徒は)注意された後、ポケットに手を突っ込み、ニヤニヤした態度を取っていた」など、部長に同情的な証言が相次いだという。

 今回、日本高野連が問題視しているのは、学校からの報告ではなく、週刊誌の取材で騒動が明るみになったことだ。秋季道大会の抽選会は31日。出場できない場合、来春センバツ出場の道は自動的に断たれる。学校側の不手際は一切、ナインには関係がない。駒苫野球部は一体、どうなってしまうのだろうか。

>「事故調査委員会」を設置

 学校側はこの日の午後、原正教頭が記者会見を行い、野球部長が事情聴取に対して「バットで押したり、手で押したことを含めて10回くらいはやったかもしれない」と、これまでの発言を訂正したことを明らかにした。同時に、弁護士とPTA役員、生徒指導部長で構成する「事故調査委員会」を設置したことを報告した。

 委員会設置は暴力行為の内容について部長と3年生部員の間に食い違いがあるためで、原教頭は「1分1秒でも早く報告書を作って提出したい」と話した。31日には道秋季大会室蘭支部の抽選会があるため、早期の事実解明に期待を寄せた。また、部長は23日の父母会に出席。保護者の前で土下座して謝罪を行ったという。被害部員に対しては、25日に調査委側の弁護士が直接会って事情聴取。そこで改めて話を聞き、対応策を協議する予定だ。

 道高野連は24日、札幌市内のホテルで関係者に経過を説明、今後の対応について協議した。日本高野連に対しては25日中に報告書をファクスで送信する予定。26日午前には中川道高野連理事長らが日本高野連に報告遅れの謝罪、正式文書の提出を行う。

>被害生徒の父に聞く

 →6月2日の暴力行為について

 「あごなどを殴られ、バットの先で胸を4~5回は突かれた。回数は分からないが、20回以上は殴られている。このことは、部長自身が『こないだ、やっちゃったんですよ』と自分に言ってきたことで分かった」

 →8月7日の暴力について

 「スリッパで1発、部長の部屋の前で叩かれた。一部報道でボコボコにされた、とあったが、それはない」

 →息子さんの今の様子は

 「学校には行きたくないと言っているし、野球も辞めたいと漏らしている。でも、転校などは今、考えていない」

 →この日の病院の精密検査について

 「痛めているあごは『回復しているが、炎症を起こしている』という診断結果だった」

 →弁護士には他にアドバイスを受けたのか

 「大会期間中には『暴力を認めたなら部長の一筆をファクスでもらってくれ』と言われ、その旨を学校に伝えた。その後、学校から何の連絡もなかった」

 →高野連から厳しい処分が予想されることに

 「(出場停止などの)処分は、できればしないで欲しい。生徒には何の罪もないわけですから」

 →香田監督に対して

 「息子には謝罪してくれたんですが、部長の暴力を知らなかったというのはあり得ない。許しがたい気持ちはある」

 →今後について

 「とにかく、部長に直接謝罪をして欲しい。それさえしてもらえれば、後は問題にするつもりははない」

<コメント>

ますます難しい問題になってきたようです。




ランディ・ジョンソンに「限界説」=米紙


 ニューヨーク地元紙『デイリー・ニューズ』は23日(現地時間)、ホワイトソックス戦(20日)で3者連続を含む4本塁打を浴びたヤンキースのランディ・ジョンソン投手について、年齢からくる衰えを指摘する記事を掲載した。

 同紙は、まもなく42歳になろうというジョンソンに今以上の内容を期待することは出来ないのかもしれないと言及。スカウトの「今以上のピッチングは見込めない。彼の肩は間違いなく衰えてきている」との話を伝え、「限界説」を強調した。

 さらに、1999年の自己ワースト記録にあと1本と迫る29本塁打を許していることにも注目。昨季は、ナショナルリーグのサイヤング賞の投票でロジャー・クレメンスに次ぐ2位であったことと比較し、今季、被本塁打で2位につけていると皮肉った。

<コメント>

それにしても,ヤンキースに来てなんかピークを過ぎてしまう話が多いように思いますが…
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-25 09:47 | ニュース

中学生逮捕 「拳銃を奪おう」と警察官の背中刺す

d0000709_12382482.jpg



23日午後4時半ごろ、宮城県登米市米山町の宮城県警佐沼署米山駐在所で、角田信芳警部補(57)が、同県石巻市の市立中学校3年生の少年(14)に背中や頭などを数カ所刺された。角田警部補はその場で少年を殺人未遂と公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。角田警部補は重傷を負った。少年は「警察官を殺害して拳銃を奪おうと思った」などと供述しており、動機を詳しく調べる。
 調べでは、少年は刃物を隠し持って「駐在所の仕事を教えてほしい」と午後4時ごろに訪ねて来た。1人で勤務していた角田警部補が駐在所内の地図を示しながら説明していたところ、いきなり背中を刺してきたという。刃物は手作りとみられる。角田警部補は血まみれになりながら、その場で少年を取り押さえて、内線電話で佐沼署に連絡。応援に駆けつけた署員に少年を引き渡した。
 登米市は石巻市の北隣で、合併により今年4月に誕生した。同署は刃物を入手した経緯や駐在所までの足取りなども調べる。また、石巻市では今年5月に河北署の駐在所が留守中に荒らされ、保管庫にあった警棒や手錠が盗まれる事件が起きている。事件は未解決で、佐沼署などは関連を調べる。
 少年の通う中学校の教頭によると、少年は一人っ子で両親と祖母の4人暮らし。「普段はおとなしい。友達もいる」と話す。卓球部に所属し、練習に励んでいた。学校を時々、病欠することもあったが、不登校状態ではなく、成績は中くらいで進学希望だったという。学校は25日まで夏休み。少年は9月3日に予定されている運動会の準備で22日に登校したが、特に変わった様子はなかったという。事件後に両親と連絡をとったところ「本人が家を出たのを知らなかった」と驚いていたという。

<コメント>

これまた,驚愕の事件。このところ,世の中どうなっているのか??





日本高野連 駒大苫小牧を近く処分 臨時審議委開催へ


 駒大苫小牧の野球部長による暴力行為について、日本高校野球連盟(脇村春夫会長)は近く処分内容を検討する臨時審議委員会を開く。学校側からの「報告」ではなく、被害生徒の訴えによって発覚した不祥事。開幕前に出場辞退した明徳義塾と同様、「隠ぺい」と見なされ、処分は通常より重くなると考えられる。
 日本高野連は不祥事について月1回の定例、または臨時の審議委員会を開き、指導者とチームに対する処分内容を検討している。決定事項を日本学生野球協会審査室に上申し、同審査室が処分を最終決定する。今回も同様の手続きを踏むが、これはあくまで今後に関する処分で、「優勝取り消し」など今大会に関する決定は、主催者の日本高野連、朝日新聞社で作る大会運営委員会が行う。
 以前は、野球部以外の不祥事でも対外試合禁止処分などの厳しい連帯責任を求めてきたが、近年は個人責任にとどめるケースが目立つ。今夏も山梨大会開催中に選手の暴力行為が発覚した日本航空について、該当選手を外しただけで出場を認め、同校は甲子園出場を果たした。
 ただし、透明、公平性を高めるため、日本高野連は報告遅れや隠ぺいには厳しい処分を下している。明徳義塾のケースでも、「即座に日本高野連へ報告されていたら、該当選手だけの出場停止だけで済んだ可能性もある」と話す高野連関係者が多かった。

<コメント>

問題は,なかなか深刻のようです。





中学教諭が勉強合宿で体罰、男子生徒鼓膜破れる…札幌


 札幌市東区の私立札幌光星中学の二十代の男性教諭が今年7月、1年生の男子生徒の言動に腹を立て、顔を殴って鼓膜を破るけがを負わせていたことが24日、わかった。 男性教諭は「生徒にちゃんとして欲しいという気持ちだったが、とんでもないことをしてしまった」と話しているという。

 同校によると、教諭は7月22日、サマースクール(勉強合宿)を行っていたニセコ町から札幌に戻るバスの中で、自分が担任をしている生徒の顔を平手で数回殴った。合宿には2年生も参加していたが、学習態度や生活態度を理由に教諭に殴られた生徒はほかにもおり、中には鼻血を出した者もいた。学校側は今月、保護者と生徒に経緯を説明して謝罪し、教諭を学級担任から外した。

 進藤法夫教頭は「どんな状況であっても、生徒を殴るのはとんでもないことだ。二度とないよう徹底したい」と話している。

<コメント>

体罰は,もういい加減に…体罰で勉強ができるようになるのか??





巨人の『5番、ファースト・阿部』!?捕手は“アウト”


(セ・リーグ、横浜3-1巨人=七回表一死降雨コールドゲーム、16回戦、横浜12勝4敗、23日、横浜)。巨人・阿部慎之助捕手(26)は23日、横浜16回戦でプロ入り後初めて一塁の守備でスタメン出場した。右肩痛が先週から悪化したためで「このまま捕手で出場を続ければ、さらに長期離脱も避けられない」とチームドクターからストップがかかった格好。今後は治療と平行しながら肩に負担の少ない一塁で出場を続ける予定だが、今季中の捕手復帰は厳しく、来季以降の影響も懸念される。


 スタメン発表のアナウンスに横浜スタジアムがどよめいた。『5番、ファースト・阿部』。中大時代の00年9月、シドニー五輪予選リーグのキューバ戦など3試合で一塁手を経験しているが、プロでは初めての“ぶっつけ”本番の一塁だった。

 阿部にはドクターストップがかかっていた。疲労蓄積から「ずっと我慢してきた」という右肩痛が8月に入り悪化。21日の広島戦(東京ドーム)後、診察したチームドクターが「このまま捕手として出場すれば、さらに悪化は避けられない」と判断。同日夜、堀内監督ら現場の首脳会談で一塁起用が決定。本人に告げられたのは、この日の試合前のことだった。

 「今月に入って3回注射を打った。自分のことだけ考えれば(出場選手登録を)抹消したほうがいいと思ったけど、チームから離れたくない気持ちが強い」と阿部。一塁起用という“折衷案”での強行出場。ローズ、清原らが抜けたチーム状況もあり「攻撃力を考えると阿部は外せない」(堀内監督)という窮余の策でもあった。

 とはいえこの日も一回に一塁ゴロを処理して本塁送球した際にも痛みを訴えており、右肩の状態は思わしくない。高田バッテリーコーチは「最悪なら代打。それでもだめなら治療に専念するしかない」と、今季中の捕手復帰を絶望視している。

 今後は一塁での出場で様子を見ながら右肩周辺の筋肉強化と治療を行う。悪化すれば来季以降に影響を及ぼしかねず、強行出場の反動も心配されるところだ。

<コメント>

こちらも,行き着くところまで来た感じです。
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-24 12:39 | ニュース

駒大苫小牧 暴力事件発覚

d0000709_6303127.jpg
シンセサイザーの父 ムーグ博士 死去(記事下)






駒大苫小牧 野球部長、部員に暴力…謹慎処分 校長ら把握も報告せず


 全国高校野球選手権大会で連覇を果たした駒大苫小牧高校(南北海道代表)は二十二日、茶木圭介野球部長(27)が六月と八月の二回、部員を殴るなどの暴力をふるっていたと発表、同野球部長を謹慎処分とした。日本高校野球連盟では今後、処分などについて協議することにしている。
 学校側や関係者などによると、同部長は六月二日の練習後、三年生部員一人を三、四発殴った。また甲子園入りした後の八月七日にも、宿舎で食事中だった同じ部員を部屋に呼び出し、スリッパで一回たたいた。暴力をふるった時には香田誉士史監督はいなかった。野球部長は「体罰的暴力をふるった。申し訳ない」と、事実を認めているという。
 これに対し、暴力を受けた部員の父親は「三、四発というのは事実と違う。息子は三十-四十発殴られたと言っている」と反論。部員はあごが外れ、かみ合わせが悪くなったという。
 関係者によると、今回の暴力行為について八月八日に学校に匿名の電話があったため発覚。九日には校長、教頭ら学校幹部が暴力行為があったことを把握したが、大会後に処分すればいいとして日本高野連などに報告していなかった。
     
 日本高野連・田名部和裕参事の話 「二連覇した駒大苫小牧に不祥事があったことに驚いている。きちんと文書で報告を受けた上で、対応を決めたい」

<コメント>

こうなると,内容的に違うものの,暴力事件で出られなかった明徳義塾と,優勝した後から暴力事件の発覚した駒大苫小牧と….明暗が分かれました。





衆院選 公示まであと1週間 選挙後の展開を予測


 衆院選の公示(30日)まであと1週間。二つの新党を含めて各党とも小選挙区候補がほぼ出そろい、各地で前哨戦が熱を帯びている。「郵政民営化の是非」を掲げて「郵政解散」に打って出た小泉純一郎首相率いる自民党が、内閣支持率の上昇傾向を維持したまま投票日まで駆け抜けるのか。対する民主党が、年金改革や財政再建を争点にして政権交代を実現できるのか。郵政法案反対派から生まれた新党の影響は――。選挙後の展開を予測してみた。
 >自公過半数なら、参院で反対派つぶし
 →自公で過半数獲得
 自民党は、衆院解散時に249議席と単独過半数を占めていたが、郵政法案反対派37人を非公認として切り離したため、河野洋平前衆院議長を含めて事実上213議席が解散時勢力だった。この勢力を維持し、公明党も解散時の34議席近くを確保できれば、小泉首相が勝敗ラインとする「自公で過半数」に達し、小泉首相の続投になる。
 これまでのところ、反対派の選挙区に奇抜な「刺客」を送り込む首相の戦術が内閣支持率の上昇に結びつく傾向にあり、追い風が吹き続ければ、目標到達の可能性が大きくなる。反対派や野党が「低い勝敗ライン」と批判するゆえんだ。
 過半数の241議席を確保すれば、小泉首相は特別国会に郵政民営化法案を再提出する。民営化賛成派で固めた衆院の与党から造反者が出る可能性は薄いが、問題は解散前と議員の顔ぶれが変わらない参院。首相は「自公で過半数」を「郵政民営化賛成」の世論とみなし、衆院と同様の「反対派つぶし」をちらつかせながら参院自民党に賛成を迫ることになる。
 郵政反対派のうち無所属で当選した議員の自民党復党は絶望的。このため、無所属や新党の当選者が参院の反対派と連携し、首相に揺さぶりをかける可能性もある。一方、「政権をとれなければ代表を辞める」と明言した民主党の岡田克也代表は辞任し、同党は分裂含みの党内抗争に陥る可能性がある。
  >自公過半数割れなら、無所属や新党がキャスチングボート
 →自公が過半数割れ
 自公で過半数をわずかに下回った場合、自民党は反対派など無所属からの当選者を自民党の会派に加え、政権存続を図る可能性もある。それでも過半数に達しなければ首相は退陣に追い込まれ、新首相をだれにするか、政界は与野党を巻き込んで緊張状態に入る。
 この場合にキャスチングボートを握りそうなのが郵政反対派の無所属や新党だ。反対派の前職33人は無所属と国民新党、新党日本に分かれての出馬になる。自民党の「刺客」作戦で苦戦も予想されるが、仮に半数前後が当選し、かつ民主党が220議席前後の第1党に躍進した場合、自公両党と民主党の間で郵政反対派を取り込む激しい綱引きが始まりそうだ。
 国民新党の綿貫民輔代表は民主党との連携を否定していないが、小泉首相の退陣で郵政民営化の「踏み絵」がなくなった自民党に復帰する可能性もある。自民党内の後継首相レースが激戦になれば、郵政反対派が後継選びに影響力を持つ場面もあり得る。
 公明党は自民党とともにいったんは下野する構えで、民主党が郵政反対派との連携に成功しても過半数勢力に届かず、少数与党政権が誕生する可能性もある。
  >民主躍進なら、郵政反対派と連携も
 →自公が大幅過半数割れ
 自民党が公明党と郵政反対派の当選者を合わせても過半数に達しないほど大敗するようなケースでは、逆に民主党が230議席以上で比較第1党に躍進していることが想定される。この場合は、無所属議員らが民主党に合流したり、自民党が割れるなどして、民主党政権が誕生する可能性が濃厚だ。民主党が単独過半数を取ればすんなり岡田政権の誕生となるが、過半数に届かなかった場合、郵政反対派と連携する必要も出てくる。国民新党の綿貫民輔代表も民主党との連携を否定していない。
 共産党を除き自民、民主のどちらも過半数の勢力を作れない場合は、いずれかの少数与党政権となる可能性もあり、政情は不安定化する。





「公務員は楽だから」郵政労組を批判 竹中担当相


 竹中平蔵郵政民営化担当相は22日夜、都内で演説し、郵政民営化に反対する日本郵政公社の労働組合について「楽だから国家公務員でいたい。民営化から逃げよう逃げようとしている。そんなことを許してはいけない」と強く批判した。同相はまた、「自民党の抵抗勢力は特定郵便局長の、民主党は労働組合の既得権益を守ろうとしている点で共通している」と指摘した。

<コメント>

『公務員は楽だから…』と言われますと,ちょっと反発を感じる方も多いと思いますが…





シンセサイザーの父死去 R・ムーグ博士


シンセサイザーの父としてミュージックシーンに巨大なインパクトを与えたロバート・ムーグ博士(写真)が21日、米ノースカロライナ州の自宅で死去した。71歳だった。4カ月前、脳腫瘍と診断されていた。
 1963年、世界最初のムーグ・モジュラー・シンセサイザーを発明。この新たな楽器はジャズやロック、ポップはもとより、クラシックにも使われるようになり、音楽の作り方に革命的な影響を与えた。
 ムーグ・シンセサイザーは68年、ウエンディ・カルロスのヒット・アルバムで使われて世界的に有名になり、ビートルズやハービー・ハンコック、チック・コリアの音づくりにも導入された。
 ムーグ・ミュージック社のマイケル・アダムズ社長は「ロバートは音楽の作り方、究極的には音の響きを変え、音楽を深く、意義ある方法で形作った」と故人の偉業を称えた。

<コメント>

ムーグ博士,初めてお会いできた感じです。いろいろな貢献があり,惜しまれます。
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-23 06:30 | ニュース

阪神、貯金を今季最多タイに


d0000709_2473255.jpg地下鉄じゃないけど,誰がどうやって乗せたのか? ==>




ヤ1-3神(21日) 久保田20セーブ目


 阪神が貯金を今季最多タイの21に戻した。3回に今岡の左前打で先制し、6回は代打スペンサーの2ランで加点した。中2日で先発した安藤は低めを丹念に突いて5回を無失点。久保田が20セーブ目。ヤクルトは序盤の拙攻が響いた。

  セ・リーグ
 ヤクルト-阪神17回戦(阪神9勝8敗、18時1分、神宮、30、966人)
 阪 神001002000-3
 ヤクル000000010-1
  勝 安藤20試合7勝5敗
  S 久保田53試合4勝4敗20S
  敗 藤井20試合7勝8敗
  本塁打 スペンサー8号(2)(藤井)

<コメント>

中日が足踏みする中,このまま独走でしょうか??


阪神優勝で上がりそうな9銘柄
http://d.hatena.ne.jp/ka88/20050818
も,ちょっと現実味を帯びてきました!!





知事が新党、長野に衝撃 「県民無視の売名」批判も


 知事が突然、新党--。破天荒な言動で注目を集めてきた田中康夫長野県知事が21日、新党「日本」の代表に就任、地元に衝撃が走った。「県民を無視した売名」と批判の声も出た。
 「寝耳に水の話。知事職との兼務に自信はあるんだろうが…」。知事の後援会「しなやかな信州をはぐくむ会」の穂苅甲子男会長(80)は驚きを隠さない。同日午後、知事から「新党の代表をやりたい」と電話があったという。「県政を基盤に日本の政治を変えるのが知事の持論だから」と支援を続ける考えだ。
 一方、県議会で知事と激しく対立する自民党長野県連の湯沢角雄事務局長(68)は「県政はほとんどの課題で行き詰まり、知事の支持率も落ちている。やるなら知事を辞めて国政に専念すべきだ」とこき下ろした。
 県民の反応も厳しい。松本市の自営業有馬敏夫さん(79)は「ただの売名行為で、県民を無視している。最初の選挙は支持したが、どんどん違う方向に行ってしまった」とうんざりした様子。長野市の主婦(26)は「パフォーマンスはもうこりごり。片手間で知事職をこなすつもりなら、県民はもう知事に選ばない」と憤った。

<コメント>

突然の知事の行動に,ちょっと混乱のあるような地元。衆院選,ますますヒートアップです。





右足首痛め別調整 デビュー戦2得点の平山


サッカーのオランダ1部リーグ、ヘラクレスに入団後、初出場した20日のデンハーグ戦で2ゴールを挙げた平山相太(20)は21日、当地に戻り練習を行ったが、右足首の故障で室内での別メニュー調整になった。
 試合中に相手選手のタックルを受け打撲した。今後のチーム練習への合流は未定。チーム関係者は「深刻なものではない」としており、本人も「今後は90分出られるように練習からアピールできたら」と表情は明るかった。
 また、地元紙は「ヘラクレス平山が夢のようなスタートを切る」との見出しで平山の活躍を大きく掲載した。

<コメント>

初登場した,最初の9分で2得点ですので…しばらく,休んでもいいかも??




佐藤は最後尾から9位に F1トルコGP決勝

  自動車のF1シリーズ第14戦、トルコ・グランプリ(GP)は21日、当地で58周(1周5・334キロ)の決勝を行い、参加20台中、最後尾からスタートした佐藤琢磨(BARホンダ)は9位だった。同僚のジェンソン・バトン(英国)は5位。
 キミ・ライコネン(フィンランド、マクラーレン・メルセデス)が1時間24分34秒454(平均時速219・496キロ)で第13戦に続いて2連勝し、今季5勝目、通算7勝目を挙げた。2位はフェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)が続いた。
 トヨタ勢はヤルノ・トゥルーリ(イタリア)が6位、ラルフ・シューマッハー(ドイツ)は12位だった。

<コメント>

こちらも,がんばっております。何とか,次期ドライバーズシートを確保して欲しいですが…
[PR]
by afternoon_news | 2005-08-22 02:47 | ニュース