<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

鳩山 野田両氏が辞意

d0000709_1245512.jpg雪中で練習。タイヘンです ==>






鳩山 野田両氏が辞意 前原代表に大打撃 


民主党の鳩山由紀夫幹事長と野田佳彦国対委員長は28日午前の役員懇談会で、ライブドアの送金指示メール問題でメールの信ぴょう性を立証できなかった責任を取りそれぞれ辞任する意向を示した。しかし前原誠司代表は慰留し、最終結論を午後の役員会に持ち越した。 これに関連し、党幹部は最終的には、国会対策の責任者である野田氏の辞任にとどまるとの見方を示した。衆院予算委員会でメール問題を取り上げた永田寿康氏は議員にとどまる。同問題が党中枢の引責問題に発展する可能性が強まり、衆院選惨敗からの党再生を目指してきた前原氏の求心力低下は避けられず大きな打撃となりそうだ。

<コメント>

メール事件から,思わぬ展開を見せている目下の世相。
小泉首相は,本当に運がいい?






ジーコJAPAN鬼軍曹中田英が引っ張る…最強布陣再現だ!


 サッカー・日本代表ドイツ遠征(27日、ドイツ・ボン)ドイツW杯会場で行われる28日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(日本時間午後9時20分開始、ドルトムント)に向け、ジーコ監督(52)がシステム4-4-2の採用を決断した。しかもMF小野伸二(26)=浦和=を控えに回し、昨年6月22日のコンフェデレーションズ杯・ブラジル戦で歴史的2-2ドローを演じた中盤4人を起用する。まさに“日本最強布陣”をW杯シミュレーションの舞台で再現する。


 真っ白な雪の上に、ジーコ・ジャパンのW杯本番の布陣がくっきりと浮かび上がった。大雪でもピッチで強行した前日調整。中盤のセットプレー練習で、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦の先発11人を示す黄色いビブスが次々と手渡される。システムは4-4-2。中盤4人は中田英、俊輔、小笠原、福西だった。

 「中盤はあの4人で、前のコンフェデ杯でいい形だったので、これをもう1回みたい」

 欧州組を交えたフル布陣での試合は今季初。W杯前唯一の国際Aマッチで、5月の本番直前合宿まで欧州組を招集できないだけに重要な一戦だ。最も本大会を意識したい今回、ジーコ政権発足初期の看板だった『黄金の中盤』再結成の可能性もあるかと思われていたが、中盤の4人から小野と稲本は外れた。

 この4人こそ、ジーコ監督が描く日本最強システム。思い起こすのは昨年6月22日のコンフェデレーションズ杯・1次リーグ第3戦のブラジル戦(ケルン)だ。04年欧州王者のギリシャを1-0で撃破した第2戦の19日に続いて、中盤をこの4人がボックス型で形成した。日本にとって歴史的2-2ドローを演じ、世界最強たる母国をギリギリまで苦しめた。

 2トップはコンフェデ杯の玉田&柳沢に代わって、ドイツでプレーする高原と3戦連発を狙う復活急な久保を投入し、大型FW陣コンビで強化を図る。さらに4バックの一角には当時は故障で不在だった中沢が入る。コンフェデ杯プラスアルファ。まさにW杯本番のシミュレーションだ。

 福西とボランチ(守備的MF)を組む攻守の要・中田英も、前日26日のリーグ戦直後に空路ドイツ入り。昨年11月16日のアンゴラ戦以来、4試合ぶりの代表戦にテンションが上がる。

 「W杯のスタジアムでやることに価値があるし、雰囲気に慣れることが大事。クロアチアに似ているといわれるチームとやるのも価値がある」と決意表明。さらに海外メディアに「ブラジルに勝てるか」と聞かれると「ポッシブル(可能性はある)」と力強く回答した。練習では雪をかき分けて元気に動き回った。

 「本大会前に唯一全員をそろえられる期間。有効に生かしたい」。ジーコ監督は力を込めた。会場のドルトムントは、女子フィギュアの荒川静香が同地で開催された04年世界選手権で優勝し、トリノ五輪金メダルへとつなげた。ジーコ・ジャパンも世界制覇への重要なステップとする。

<コメント>
ジーコ・ジャパンも本格的に始動。
スポーツの楽しみをまた,教えて欲しいです。






カーリング娘に金メダルあげたい


 読者の選んだ金メダルは女子カーリング! 日刊スポーツは25日から27日までホームページ(nikkansports.com)で、トリノ五輪の総括アンケートを実施した。「成績に関係なく、金メダルをあげたいと思う選手(チーム)」には、優勝候補を次々と破り、準決勝進出まであと1歩と迫った女子カーリングチームが投票総数(2544票)の41%にあたる1043票で1位になった。「美女ぞろいのチームの真剣な表情に魅せられ、競技の駆け引きの面白さ、最後の1投げまで勝負が分からない面白さを知った」(40代男性)。
 2位には、今大会日本勢唯一の金を獲得した荒川静香(433票)、3位以下も女子モーグルの上村愛子(213票)スピードスケート岡崎朋美(209票)と女子選手が続いた。男子回転で3位に0・03秒差の4位に終わった皆川賢太郎(105票)は男子では最高の6位だった。「面白かった。楽しめた競技・種目」でもカーリング(1374票)がトップ。「期待外れに終わった競技・種目」はスノーボードハーフパイプ(1449票)が1位だった。
<コメント>
五輪も終わりましたが,予想外に楽しませてくれたカーリング。
また,日本の新たなお家芸になって欲しいです。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-28 12:45 | ニュース

たん吐きに「ハイテク摘発車」

d0000709_11502329.jpg
しばらくは,忙しそうです...==>











たん吐きに「ハイテク摘発車」 現場押さえ清掃・罰金 北京市 


2008年北京五輪を控えて「文化水準向上」を目指す北京市の中心部・東城区でこのほど、公共の場でたんを吐く行為を監視するため、100万元(約1450万円)以上を投入して「ハイテク摘発車」が導入された。24日には北京駅前広場で実際に使用され、9人を摘発した。中国紙・新京報が報じた。 ハイテク車にはカメラ3台やプラズマテレビのほか、衛星通信設備が設置され、半径250メートル以内を監視できる。夜間にはサーチライトや赤外線撮影機能の利用も可能。指揮官が車内で画面を監視し、たんを吐く人を発見次第、現場係官に連絡、取り押さえる。 


<コメント>

北京オリンピックを睨んで?現地もタイヘンのようです。
香港のディズニーランド開園の時も,「暑いから」と上半身裸になったり…マナーというべきか?国際的な常識が無いなどと噂はありますが,オリンピックを期に先進国の仲間入りを果たしてほしいです。







荒川「人生甘くない」と英語


 真の国際スターへの最初の試練は、英語のお勉強?  フィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香(24=プリンスホテル)が、本格的に英語を学び始めることになった。金メダリストとして世界から脚光を浴び、国際舞台に立つ機会も増える。本人も周囲も完全マスターへ意欲的だ。
 03年6月に初めて米国を練習拠点としてから2年8カ月。周囲によると「聞き取りは大丈夫だし、簡単な言葉なら話すこともできる」という。金メダル直後の欧州取材陣からのインタビューでは、英語で答えた。だが、自分の思いを丁寧に伝えることは不完全。共同の優勝会見でも、喜びは通訳を通して日本語で語っていた。
 同じ東北高の後輩であるプロゴルファー宮里藍も、勉強しながら海外選手と交流を深め、自分の糧にしている。将来の夢であるアイスショーに出る場合、海外選手との交流は必要不可欠。荒川のマネジメント会社は「自分の人生を広げるためにも本格的に英語をやらないといけない。人生はそんなに甘くないですから」と金メダルにもおごることないよう、語学学校への通学か、専属の家庭教師をつけて鍛えるつもりだ。
 昨年12月に新しくモロゾフ・コーチに習い始めて以降、英語でのやりとりは、人を介したりメールやファクスで済ませることが多かったが、少しずつ自らの言葉で伝え始めている。そこで身についた自立心が、五輪の舞台では生かされていた。同コーチには今後も師事する予定。五輪の金メダルで知名度は世界に広まった。次は、名実ともに「世界の荒川」を目指す。

<コメント>
英会話学校が喜びそうな話ですが,オリンピッククラスの選手になると,英会話は出来て当たり前というぐらいにならないものか?
日本人の英語音痴問題,なかなかよくならないようです。






ヤマトが西濃運輸と新会社 企業間の物流事業を強化 ヤマト運輸が企業間物流事業を強化するため、西濃運輸と共同出資の新会社を3月に設立することが27日、分かった。個人間の宅配便事業をめぐり日本郵政公社などとの競争が激化しているため、ヤマトは企業向けの物流強化で収益基盤の安定化を狙う。 宅配便事業で培った地域密着のヤマトのきめ細かいサービスと、幹線輸送に強みを持つ西濃の輸送網を組み合わせ、部品などの在庫を必要な時に必要なだけ調達したい企業のニーズに応える。 新会社の社名は「ボックスチャーター」。ヤマト運輸の持ち株会社のヤマトホールディングスが85%を、西濃運輸の持ち株会社のセイノーホールディングスは15%を出資。社長はヤマトが派遣する。


<コメント>

これも,ちょっと驚きのコラボレイト。
会社再編に向けて,各社余念がないところでしょうか?
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-27 11:50 | ニュース

小野 浦和で初タイトル

d0000709_15385545.jpg
こういうとき,必ずでしゃばってくるこの御方 ==>
















小野 浦和で初タイトル


 天皇杯覇者の浦和とJ1王者のG大阪が“日本一”を争う一戦は25日、東京・国立競技場で行われる。両チームは24日、ともに軽めの調整。浦和は日本代表MF小野伸二(26)がレッズでの初タイトルを狙い、G大阪はF東京から移籍の同代表DF加地亮(26)が“緊急デビュー”する可能性が浮上。決戦はくしくもJリーグ開幕戦(3月4日)と同じ顔合わせで、今季を占う意味でも注目される。

 4年半の月日を経て、小野がいよいよJのピッチに帰ってくる。浦和はさいたま市内のグラウンドでミニゲームなど、通常の試合前と同様の練習メニューをこなし、リラックスムードで06年初戦に備えた。その中心は、もちろん小野だ。

 ギド・ブッフバルト監督(45)は「代表選手はチームの核になるが、疲労などもある。当日に100%の選手を優先させる」と、先発起用は明言しなかったが、小野はランニングでは常に先頭を走ってチームを先導。「(復帰して)初めての試合なので、頑張りますの一言です」と明るい表情だった。

 リーグ開幕戦の相手でもあるG大阪を撃破すれば、意外なことに小野にとって浦和での初タイトルになる。2002年にフェイエノールトでUEFA杯を制覇しているものの、日本ではプロ入り後、いまだ無冠だ。

 天才MFはクラブ関係者に「今はオランダのとき(フェイエノールト)よりもいいサッカーができる。昔とは違う」と、日に日にチームの成長ぶりに手応えを感じていることを明かした。28日には代表でのボスニア・ヘルツェゴビナ戦(ドイツ・ドルトムント)も控えており、気合十分。

 もちろんここは出発点だが、新生レッズの力を誇示することは、開幕前の何よりのインパクトになる。まずは1冠目。小野という最強のピースを加えた赤い悪魔が、一歩目を力強く踏み出す。

<コメント>

最も小野を必要としていたのは,浦和だったということでしょうか?
ガンバにも勝って欲しい!!
楽しみな一戦です。





小泉首相 金メダル獲得の荒川に電話で祝福


 小泉純一郎首相は24日夜、トリノ冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川静香選手(24)と首相官邸で電話で話した。首相は「素晴らしい」などと興奮気味にしゃべりかけた。
 「もうテレビでね、感動しながら応援してましたよ。素晴らしい演技で何もかも満点だったね」。首相は満面の笑みで活躍をねぎらうと、荒川選手が五輪直前にフリーの曲を「トゥーランドット」に変えたことにも触れ、「あの選曲がよかったね。私もあのオペラ好きなんです」とうれしさを抑えきれない様子。
 荒川選手は「少し運命を感じました」と答えるのが精いっぱいで、約2分間の会談のほとんどを首相が独占していた。

<コメント>

こういうときは,必ずでしゃばってくるこのお方。





性別は誕生後に 医師も知らせず 秋篠宮妃紀子さま懐妊


 秋篠宮妃紀子さま(39)の懐妊に関し、宮内庁の金沢一郎皇室医務主管は24日の記者会見で、性別について秋篠宮ご夫妻が生まれるまで知りたくないという意向であることを明らかにした。金沢主管は「(医師側から性別を)知らせることはなく、産み分けも特別に何かをしたことはない」と話した。 

<コメント>

男か女かは,皇室や国会などの行方を左右する重要な話。
なかなか興味を持たれる話題で,目を離せません。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-25 15:33 | ニュース

荒川静香 金メダルおめでとう!!

イヤー,長かった ==>d0000709_12155684.jpg





荒川が逆転で金メダルに輝く


 フィギュアスケートは23日、女子自由を行い、ショートプログラム(SP)3位の荒川静香(プリンスホテル)が125.32点の高得点をマーク、SPとの合計191.34点で逆転優勝、金メダルに輝いた。日本勢にとっては今大会初のメダル。また、日本人のフィギュアスケートでのメダルは、1992年アルベールビル大会で伊藤みどりが銀メダルを獲得して以来2人目となった。

 SPトップのサーシャ・コーエン(米国)が銀メダル。同2位のイリーナ・スルツカヤ(ロシア)は銅メダルに終わり、ロシア勢のフィギュア全種目制覇はならなかった。村主章枝(avex)はSPに続いて自由も4位で総合4位。メダルに一歩及ばなかった。SP8位の安藤美姫(愛知・中京大中京高)はミスが響いて15位に終わった。

 荒川は21番目で登場。ほぼ完ぺきに近い演技を見せ、2度の転倒で得点を伸ばせなかったコーエンを抜いてトップに立った。最終滑走のスルツカヤもジャンプで転倒するなどミスが目立ち、荒川に届かなかった。 




 かつてない人気に沸く日本のフィギュアスケート界に、荒川が悲願の五輪金メダルをもたらした。トリノ五輪日本選手団にとっても、待ちに待った今大会初メダルとなった。

 最後に演技したスルツカヤの得点が伸びず、金メダルが決定。荒川は目を丸くした。「信じられない。五輪を精いっぱい楽しめればいいと思っていたので、びっくり。ただびっくりです」

 2004年世界選手権の女王が自由演技のために選んだ曲は、イタリア人作曲家プッチーニのオペラ「トゥーランドット」。世界を制した時にも使った音楽が、才能あふれる24歳に再び輝きを与えた。「一つミスがあったけど、楽しく滑ることができたのでよかった」。その言葉通り、演技終了後は満足感にあふれた笑顔を見せた。

 無欲で臨んだ04年の世界フィギュアで、冷酷な心を持つ姫が愛を知り、心を開いていく物語を劇的に演じ切って優勝。この年限りでプロに転向するつもりだったが、2年後の五輪に期待する周囲の流れに逆らえなかった。

 04-05年は意欲をかき立てることができず、足のけがにも見舞われた。連覇が懸かった世界選手権で9位と惨敗して、ようやく本気でトリノを目指す気になった。




感無量の城田強化部長

 荒川の金メダルを手放しで喜んだのは、日本スケート連盟の城田憲子フィギュア強化部長。有望新人を発掘するためのいわゆる「野辺山合宿」の立ち上げにも携わった強化の責任者だ。1992年アルベールビル五輪の伊藤みどりは金メダルへの重圧を一人で背負ったが、今大会は三者三様で誰がメダルをとってもおかしくない布陣。「安藤も含めて束でかかれる大会になった。強化スタッフも経験を積み、どこで勝負をかけるか学んでトリノを迎えることができた」と話した。

 表彰台の中央に立った荒川は、その野辺山合宿の1期生。04年世界選手権で優勝した時より荒川は落ち着いていたという城田強化部長は、「荒川を信じていた。やってきた道のりは長かったが、やっと金にたどり着いた」と、感無量だった。




荒川の金を速報 「全アジアが興奮」とたたえる 中国


中国国営新華社通信は24日、荒川静香の金メダル獲得を「冬季五輪フィギュアスケートでアジアが初の金メダル」と速報した。

 新華社電は、フリースタイル男子エアリアルの韓暁鵬が中国にスキー競技初の金メダルをもたらしたことと併せ、「中日の選手が歴史をつくる」「すべてのアジア人が興奮した日」と、両国選手の大活躍を手放しでたたえた。

 荒川について「完ぺきに近い演技で、ロシアのフィギュア金メダル独占の夢を打ち破った」と高く評価。村主章枝も4位になったことに言及し、選手層の厚さと荒川らスター選手の活躍が、日本の女子フィギュアに隆盛をもたらしたと分析した。

<コメント>
イヤー長かった。でも,本当におめでとうございます。



ダフ屋も商売上々


 フィギュアスケート女子は、日本だけでなく、地元でも一番の人気種目。入場券は事前に完売で、会場のパラベラ競技場周辺では、チケットを持たない観戦希望者を当てこんだダフ屋が多数出現した。

 当局が厳しく取り締まっているため、露骨な行動は控えていたが、暗闇での商談には、日本人客の姿もちらほら見られた。相場は1枚300ユーロ(1ユーロ=約142円)のカテゴリーA席が500-1000ユーロ、190ユーロの同B席が400-600ユーロといった感じ。軒並み強気の値段設定だったが、午後7時の開演から30分もするとダフ屋の姿もなくなり、商売は上々だったようだ。

 イタリア旅行中に、五輪観戦に訪れたという東京のOL2人組は、「手に入らなくて悔しい。明日(24日)のエキシビションは何とか入りたい」と話していた。

<コメント>
私も,見てみたかったです。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-24 12:16

永田氏が辞職意向漏らす

d0000709_9354279.jpg
あと少しです!頑張って ==>





永田氏が辞職意向漏らす 民主 送金指示メール問題


 民主党の永田寿康衆院議員(比例・南関東)がライブドアの送金指示メール問題をめぐり、議員辞職もやむを得ないとの意向を周囲に伝えていることが23日、分かった。民主党関係者が明らかにした。
 永田氏は今月16日の衆院予算委で、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者が武部勤自民党幹事長の2男への送金を電子メールで指示していたと追及したが、メールの信ぴょう性について立証することができず、引責は避けられないとの判断に傾いたとみられる。23日午前にも党幹部と自らの責任問題を協議して進退を最終的に決断、記者会見を開き今後の対応を説明する見通しだ。
 民主党の野田佳彦国対委員長も一時、国対委員長職の辞意を漏らしたが、野田氏が辞任した場合、前原誠司代表の責任問題に発展しかねないとして、委員長職にとどまる方向となった。


<コメント>
うーん,ちょっと勇み足だったか??
ですが,自民の狼狽ぶりからみて,何か裏がありそうな気がします。






寺尾 狙い通り 五輪ショートトラック


 男子500メートル予選で、寺尾がベテランらしいレース運びを見せた。第4組での登場。他選手のフライングなどで2度仕切り直されたスタートで、好ダッシュ。「きょうはスタートのいい選手が勝てると思って、集中した」。狙い通りのスタートと内側を抑える巧みな滑り。一度も先頭を譲ることなく、1着で準々決勝進出を決めた。 準々決勝で敗退した1500メートルから中4日と間隔が空いた。4大会連続の出場だが、「これだけの長丁場は今までなかった」。レース翌日は外食や買い物で気分転換し、この日は仮眠や食事時間を本番から逆算し、調整を合わせた。 リレーで失格になったため、これが最後の種目。「4年間と言わず、(競技生活)20年間の思いをぶつけたい」と3日後に意気込んだ。


<コメント>最高のレース振りでした。決勝は期待したいです!!





岡部&葛西「4年後」雪辱 帰国ジャンプ陣誓った現役続行


 スキー・ジャンプの日本代表、岡部孝信(35)=雪印=、葛西紀明(33)、伊東大貴(20)=ともに土屋ホーム=、一戸剛(29)=アインズ=、伊藤謙司郎(16)=下川商高=が22日、帰国。ベテラン・岡部は「悔しい思いはある。今は(4年後まで)続ける予定で頑張ります」と宣言すれば、葛西も「悔しくてやめられない」と、ともに4年後のバンクーバー五輪まで現役続行することを明らかにした。 6位に終わった20日の団体戦を終えたその足で現地を出発したため、一行はやや疲れた表情で成田空港に降り立った。出迎えのファンから花束を渡されるなど激励されたが、個人、団体ともに目標のメダルを獲得できず、葛西は「金じゃなくても、銀でも銅でもいいから取ってきたかった」とガックリ。ラージヒル決勝の2本目に進めなかった伊東も「今シーズン一番ダメなジャンプを一番大きな試合でやってしまった」と無念さをあらわにした。 07年2月には札幌で世界選手権が開催される。葛西は「僕にとっては初めての自国開催。4年後に向けてのステップにする」と誓っていた。また、原田雅彦(35)=雪印=は23日に帰国する。

<コメント>

お疲れ様でした。
国民の期待にこたえるのも大変です。
無理のないように頑張ってください。
(そして負担や無理にならない程度に)期待もしています。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-23 09:35 | ニュース

カーリング協会 「日常業務に支障をきたしています」

ええっそんなに高得点!! と驚く荒川選手 ==>d0000709_12563590.jpg

















「カーリング娘」映画デビュー


“氷上のカー娘。”ことカーリング日本女子代表が、銀幕デビューする可能性があることが21日、スポーツ報知の取材で分かった。女子の日本は20日、前回銀メダルのスイスに5―11で敗れ、4勝5敗の7位で1次リーグ敗退。しかし国内映画会社が、2007年3月の世界選手権の開催地・青森を舞台にした映画の撮影協力を日本カーリング協会に依頼。トリノで大活躍した「カー娘。」本人が出演する可能性も浮上した。


五輪開幕前に撮影協力依頼


 「カー娘。」は、スキップ(主将)のアユこと小野寺歩(27)と、その右腕“ユーミン”林弓枝(27)に、ご存知マリリンこと本橋麻里(19)。そして“モエ”目黒萌絵(21)に、寺田桜子(21)で構成される「チーム青森」の5人だ。1次リーグ敗退となったが、お茶の間に夢と感動と競技の醍醐味(だいごみ)を伝えた。

 その5人が、スクリーンデビューする可能性が出てきた。国内のある映画会社が、公開中の「シムソンズ」とは別の映画を企画中。日本協会関係者は「トリノ五輪開幕前に撮影協力の依頼がありました」と話した。

 現在公開中の「シムソンズ」は女優・加藤ローサ主演で、北海道常呂町が舞台。02年ソルトレークシティー五輪を目指す常呂町出身のスキップ(主将)小野寺と林がモデルだった。

 今度の映画の舞台は、07年3月の世界選手権の開催地・青森。同大会に合わせて封切られる予定だが、今五輪で予想を覆す大活躍。脚本に選手の出演が組み込まれそうなムードだという。

 都内の日本協会事務局には「カーリングはどこでできるのか」、「用具はどこで買えるのか」などの問い合わせが殺到。浦川ヒサ子事務局長は「おかげ様で日ごろの業務ができなくなりました」と、うれしい悲鳴を上げている。メダルのない「カー娘。」たちだが、人気はさらに高まりそうだ。
<コメント>
カーリング協会が日常業務に支障を来たすほどのカーリング・フィーバー到来!!



フィギュア 0.71点差で3人 優勝争いに荒川


 トリノ五輪のフィギュアスケート女子で、わずか0.71点差に3人。大接戦の優勝争いの一角に、日本のエース格の荒川が加わった。
 「ちょっと落ち着きがなかったけど、全体的な流れは良かったかな」と振り返る通り、今季の反省を生かした演技だった。昨秋のグランプリシリーズでは、スパイラルやステップ、スピンのきめ細かさに欠け、難度の割にはレベルが低く認定されて得点を取りこぼしていた。この日は昨年12月の全日本選手権から取り入れた、手放しのY字スパイラルを再び披露するなど、審判に分かりやすく難度をアピールした。
 事前の予想は、世界女王、スルツカヤが一歩リードし、米国チャンピオンになったコーエンが追う展開で、他は混戦かと思われた。だが、ふたを開けてみれば、荒川を含めた「3強」の様相だ。いずれも大きなミスがない演技をした戦いの中で得点が接近し、実力で明らかに他とは違うことが示された。
 首位のコーエンは、前回五輪でフリーの連続ジャンプをミスし、メダルを逃した経験がある。「今日のことは終わった。またゼロから始まると思っている」と気持ちを引き締めていた。世界選手権覇者のスルツカヤは「自分の滑りはできた。フリーで何かを変えるつもりはない。このままいく」と女王のプライドを披露し、コーエンを追う。大接戦の中では荒川の金メダルも、もちろん夢ではない。

<コメント>
点数が思いのほか良くて驚いた荒川選手。
上位進出を期待しております。
もちろん,村主選手も!!



フィギュア 安藤 重圧を脱した安堵感に 


女子フィギュアスケートのショートプログラムで、吹っ切れたような笑顔の安藤が引き揚げてきた。演技自体は会心の出来から程遠かったが、重圧を脱した安堵(あんど)感に包まれていた。
 冒頭の3-3回転の連続ジャンプは回転不足のうえに着氷が乱れ、後ろ向きのスパイラルではフェンスに左手がぶつかった。「連続ジャンプは二つ目がいつも以上に流れすぎた。スパイラルは3秒間(の姿勢保持)を意識したら、いつも以上にスピードが出ていてぶつかってしまった」。城田憲子監督は「初出場の緊張で、スケートが滑っていなかった」と顔をしかめた。
 今季は連戦の影響もあってけが続き。昨年12月中旬には右足小指を骨折した。調子が思うように上がらず、五輪代表決定後は緊張と不安で「逃げ出したい」と毎日泣いていたという。それでも、「笑顔が見たい」というファンからの手紙やメールなどに支えられて立ち直った。
 演技後は「出来は61点くらい。でも、笑顔で滑れてエンジョイ度は182点くらい」と明るかった。メダルは絶望的。だが、安藤には世界の女子唯一の大技、4回転サルコウへの挑戦が残っている。

<コメント>
連日,ミキティ画像を取り上げてますが,とにかく頑張って欲しい。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-22 12:57 | ニュース

カーリング女子 最終戦!!

良く頑張りました!! ==>d0000709_12124580.jpg




カーリング女子 最終戦!!

 カーリングは20日、男女1次リーグを行い、女子の日本は4強入りに望みをつないで迎えたリーグ最終戦でスイスに5-11で敗れ、準決勝進出を逸した。最終的には4勝5敗で7位となった。 カナダが最終戦でデンマークに9-8で競り勝って6勝3敗とし、ベスト4に進出した。前回金メダルの英国は5位で敗退した。準決勝ではスウェーデンとノルウェー、スイスとカナダが対戦する。男子も米国を下したカナダが準決勝の最後の1枠を得た。準決勝はフィンランドと英国、カナダと米国が顔を合わせる。

<コメント>

いやぁ,惜しかった。でも,カーリングの魅力がよくわかりました。
ファンも増えたのではないでしょうか?
できましたら,DVDとか出て欲しい!!(ちょっと無理かな?)






屈辱のオファーをはねつけ、「復興の立役者」S.ソーサ引退へ


 メジャーに残ることが保証されない年俸50万ドル(約5900万円)の1年契約。ワシントン・ナショナルズから受けた、今オフ唯一の条件提示をサミー・ソーサ外野手は拒絶した。これで、1998年にマーク・マグワイア氏(当時セントルイス・カージナルス)と壮絶なホームラン王争いを演じ、94年のストライキでファン離れが進んでいたメジャーリーグに活気を取り戻すきっかけを作ったスラッガーが、引退濃厚となった。

 66本塁打でMVPに輝いた98年以来、ソーサは当時所属していたシカゴ・カブスだけでなく、メジャーを代表する強打者として活躍し、年間60本塁打以上を3度にわたって記録した唯一のプレーヤーとなった。ファンを大切にする選手として広く愛され、オールスターゲーム前夜に行われるホームラン競争では特大アーチを連発。それ以外にも、試合開始時にライトの守備位置まで全力疾走する姿に魅了された観客も多かったはずだ。

 しかし2003年シーズン、折れたバットに使用禁止となっているコルクが詰まっていたことが発覚し、出場停止処分を科されたことをきっかけに、輝かしいキャリアは一気に下降線へと向かう。2004年に打率.253、35本塁打、85打点と成績が著しく下がり、チームメイトとの関係も悪化、シーズン最終戦では、試合途中で本拠地のリグレー・フィールドから帰宅するという行為で地元ファンを裏切った。

 度重なる問題によって、ソーサはカブスからボルティモア・オリオールズにトレードされたが、心機一転となるはずだった新天地でも期待外れに終わる。故障で100試合しか出場できなかったとはいえ、打率.221、14本塁打、45打点という数字は、37歳という年齢から来る衰えが一気に進んだと言われてもしかたなかった。さらに、ステロイド服用疑惑を持たれるなど、オリオールズでは心身ともに厳しい1年を過ごした。

 これまでの実績からすれば、ナショナルズから出されたオファーは、ソーサのプライドが許さなかったのだろう。ソーサのエージェントを務めるアダム・カッツ氏は、「今後サミーのユニフォーム姿を見られなくなる可能性が高い」と語っている。ナショナルズとしては、肩を手術した主軸のホゼ・ギーエン外野手が開幕に間に合わないため、その穴を埋めるために獲得を目指したとされる。しかし、ビッグネームのベテランというだけで大金を用意する余裕が、ナショナルズになかったのも事実だ。

 このまま引退となれば、あと12本と迫っていた通算600本塁打達成は夢に終わる。ソーサのキャリアがすばらしいものだったかと問われれば、答えは間違いなくYESだ。コルクバット事件やステロイド疑惑がなければ、ソーサは引退から5年後、資格取得1年目で文句なしの殿堂入りとなっただろう。

 しかし、ここ2年で起こったことは、殿堂入りの可能性に悪影響を及ぼすことに疑いの余地はない。メジャーの復興に大きく貢献したドミニカ共和国の宝は、不幸にもマイナスの評判を払拭できないまま、フィールドを去ることになりそうだ。

<コメント>
先日紹介したボンズの引退に続いて,ソーサも引退。
次世代を担う選手に期待したいです。






トリノ五輪日本の成績不振 見込み違いの原因は…?

 後半戦に入っているトリノ冬季五輪で、日本勢の苦戦が続く。日本オリンピック委員会(JOC)の目標である「色に関係なくメダル5個」どころか、76年インスブルック五輪以来の「メダルゼロ」に陥りかねない。残る期待種目はフィギュア女子などわずかだ。史上最多の金16個を含む37個のメダルを獲得したアテネ夏季五輪から1年半。見込み違いの不振の原因は?  楽観ムード、甘い見通し=メディアも期待を増幅 成績や業績が上がらなければ不協和音が聞こえてくるのは組織の常。日本選手団のある幹部が打ち明け話を始めた。 思うような成績を残せなかった選手をJOC職員が宿舎に訪ねたところ、だらしのない服装で寝ころぶような格好、しかも食事をしながら職員を迎えたという。「ひどいものだったらしい。そんな選手を選んだのは(競技団体であり)JOCではないから」という。 生活態度と成績が直結したかは不明だが、不振の原因を、こうした一部の選手のせいにしたいというJOC内のムードがのぞく。JOC常務理事の遅塚研一日本選手団長は、中間段階での総括会見を開かなかった。このまま終われば、競技団体との間で責任の押し付け合いが始まりそうだ。 各競技団体は成績に従ってJOCから強化費などの配分を受ける立場上、メダル目標数などは過大になりがち。JOCは、その数字を積み上げてメダル目標数を立てるが、当初報告されたメダル総数は18個。さらにアテネ五輪の好成績から来る楽観ムードも加わり、自然に見通しがあまくなっていった。メディアもそれに乗り、期待が増幅されてしまった面は否めない。 「何とかなる」との雰囲気は情報不足にもつながる。スノーボード・ハーフパイプ(HP)が典型だ。ワールドカップ(W杯)の好成績から金メダルが期待されたが、W杯とは別のサーキットで戦っていた米国などの方が圧倒的に強かった。  企業の相次ぐ撤退=若手、中堅の育成に大きく影響 8年前の長野五輪を戦ったベテランを軸に、若手を組み合わせた日本。ベテランに全盛時の勢いはなく、冬季五輪史上、最高の成績を収めた長野の遺産でも、若手の経験不足や選手層の薄さはカバーできなかった。 メダル確実と言われたスピードスケート男子500メートル。21歳の世界記録保持者、加藤条治(日本電産サンキョー)に加え、前世界記録保持者の清水宏保(NEC)、上り調子の及川佑(びっくりドンキー)らの布陣だったが、清水に復調の気配がなく、加藤が一身に期待を集める形になった。 長野で優勝した清水でも初出場のリレハンメルは5位。プレッシャーに無縁と言われた加藤も1回目に緊張から失敗。「初の五輪で2本ともいい滑りをそろえるのは至難の技」という関係者の心配が当たってしまった。 選手層の薄さはジャンプ陣が象徴的。37歳の原田雅彦(雪印)を筆頭に30代が3人。ラージヒルは35歳の岡部孝信(雪印)の8位が最高だった。19歳のモルゲンシュテルン(オーストリア)がラージヒルを制したのとは対照的だ。 冬季競技を支えてきた企業の相次ぐ撤退が、若手、中堅の育成に大きく影響している。スピードスケートはトップ選手ですら活動資金の工面に苦労する。よほど実績がなければ学校卒業後に競技を続けようにも受け皿がない。今回、五百メートル4位と健闘した及川も、山梨学院大卒業時にはスケートの有力企業から誘いはなかった。ジャンプ選手も企業スキー部の廃止で、所属先を点々としている。 日本とは対照的に、韓国と中国の好調ぶりが目立つ。韓国は19日現在のメダル数で金3、銀3、銅1と前回五輪の金2、銀2、銅0を上回った。前回に冬季初の金メダルを手にした中国も、既に金1、銀2、銅4個だ。 韓国躍進の要因に、五輪スポンサーでもある韓国大手・サムスン電子などのサポートが挙げられる。経済危機から回復した韓国企業は、広告効果を狙ってスポーツ界に積極的に参入。韓国紙の記者は「サムスンの援助で、欧米への遠征が可能になった」と指摘する。韓国・平昌が14年冬季五輪招致を目指していることも追い風となり、国内施設も充実してきた。 中国は米ゼネラル・エレクトリック(GE)が人口13億人の市場を視野に入れてスポンサーについている。新華社通信の周杰・体育部副主任は「以前は夏と冬のバランスが悪かったが、前回に金メダルを取った後、国として冬季競技も強化していこうとの方向になった。今後はスケートに加え、距離やアルペンなどのスキー競技にも力を入れていくことになる」と話す。

<コメント>

夏のアテネがちょっと出来過ぎだったのかもしれません。
若い選手も多いので,次回に期待!!です。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-21 12:12 | ニュース

美姫大泣きで会見打ち切り

d0000709_144146.jpg
もう少し,気を使って欲しい ==>



美姫大泣きで会見打ち切り


 トリノ五輪フィギュアスケート女子代表の安藤美姫(18=愛知・中京大中京高)が号泣した。19日の記者会見で亡くなった父に対する質問に突然泣きだし、会見もそのまま終了した。直前に本番会場で行われた公式練習では、前日(18日)に続いて2日連続で4回転ジャンプを成功させるなど、ここにきて調子は急上昇。21日(日本時間22日)の本番前に予想外のハプニングに見舞われたが、安藤は涙をぬぐい、大技で悲願の表彰台を目指す。
 安藤の瞳から大粒の涙がこぼれた。会見終了間際、テレビ局の日本人記者の質問を受けた直後だった。「亡くなったお父さんに、どんな誓いを持って滑りたいか」。予期していなかった話題に、安藤は涙声になった。「えっと…」とつぶやいた後、声を絞り出して「プライベートなので、そういう質問にはお答えできません…」。それが精いっぱいだった。キャロル・ヘイス・ジェンキンス・コーチから頭をさすられ、泣きながら会見場を後にした。
 8歳の時にバイク事故で父を亡くした。大好きだった父との思い出は、ずっと自分の胸の中だけに閉じ込めていた。形見の結婚指輪を今も胸のネックレスに通している。04年の全日本選手権の会見でも父の質問に「愛するスケートに出会えたのは父のおかげ。お父さんに空から五輪を見てもらえるように頑張っているんです」とだけ話し、涙を流した。以来、周囲も気を使って家族の話題には触れなくなっていただけに、突然の質問に安藤も意表をつかれた。
 会見は涙で終わった。しかし、直前に行われた公式練習での安藤は自信に満ちていた。4回転ジャンプに挑んだ。高く舞い上がると、右つま先から滑らかに着氷した。18日の練習でトリノ入り後8度目の挑戦で初めて4回転ジャンプを決めた。そして今回2度目の跳躍でも完ぺきに成功させた。「五輪で滑れるだけで幸せだけど、4回転が成功すればもっと幸せ」と笑みを浮かべていた。ここにきて調子は急上昇している。
 新採点方式は転倒が大きく減点される。しかし、安藤は「五輪は1回勝負。1回目でとにかく立つ練習をしている」と話す。新しく変えたフリー曲「蝶々夫人」の最初に4回転を跳ぶと決めている。フリーの自己ベストは04年NHK杯で出した119・46点で、五輪出場選手29人中5番目。ただ完ぺきな4回転ジャンプに成功し、最大7点が加わっていたと仮定すれば、コーエン(米国)スルツカヤ(ロシア)に次ぐ3番目に浮上する。そうなればメダルも見えてくる。
 どんな逆境もはね返す強い意志も備わった。米国での直前練習中は「全日本でも結果が結果で、自分はトリノに行くべきではない」と思い詰めた。逃げ出したいと、毎日泣いた。だが今は「2人でやってきたことを100%出して、それがキャロル(コーチ)の前でできたらプレゼント」と前向きに話す。
 ショートプログラム本番は21日、フリーは23日。「4回転を初めて跳んだときから五輪で跳ぶつもりだった。成功率はよくないけど、攻めるチャンスを得たのでトライしたい。もし成功したら、神様からのプレゼントだと思う」。安藤がハプニングを乗り越えて、切り札にさらなる磨きをかける。

<コメント>

本番がちかいですから,質問事項はよく考えてお願いしたいですが…。




通算708本塁打のB.ボンズ、今季限りで引退へ


 歴代3位の通算708本塁打を誇り、メジャー記録まであと47本に迫っているサンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手が19日、米全国紙『USAトゥデー』に対し、今季限りで引退すると明言したことが判明した。

 歴代2位の通算本塁打記録を持つベーブ・ルース(元ニューヨーク・ヤンキースなど)まで6本と迫り、あと47本塁打でハンク・アーロン氏(元アトランタ・ブレーブスなど)のメジャー記録に並ぶボンズ。カリフォルニア州の自宅で同紙の電話インタビューに応じ、偉大な記録に到達しようとしまいと今年の春季キャンプが最後になるとしながら、「もう(野球を)楽しめなくなった。今年プレーして、できることなら勝ち、そしてシーズン後には家に帰って家族とともに過ごす。その頃には、みんなオレのことを忘れてくれるかもしれない」とコメントした。また、度重なるひざの手術を受けて昨年はわずか14試合の出場にとどまったが、現在も痛み止めの薬を飲んでいることを認め、体力も限界に近づいていることを強調している。

 2001年に年間73本塁打のメジャー記録を樹立するなど、史上最多のMVP受賞7回を誇るボンズは、今年7月で42歳。当初は、初開催となる野球の国別対抗戦『ワールド・ベースボール・クラシック』(WBC)の米国代表として出場することに前向きな姿勢を見せていたが、故障を抱えていることなどを考慮して、1月下旬に辞退を表明していた。

<コメント>
ほんととすれば,これは大ニュース。
ホームラン数歴代3位と言えば,上にいるのが王貞治とアーロンですが,是非それを更新して欲しかったです。




横須賀の米兵逮捕相次ぐ タクシー乗り逃げ/ゲーム店店員殴る

 米海軍横須賀基地所属の水兵二人が十九日、タクシーを乗り逃げした詐欺とゲーム店員への傷害容疑で、神奈川県警に相次いで逮捕された。
 調べでは、二人は上等水兵、アブデルラーマン・エリック容疑者(22)と、一等水兵、パリス・ケネス・ワトキンス容疑者(20)。いずれも容疑を認めているという。
 加賀町署の調べでは、エリック容疑者は同日午前一時半すぎ、横須賀市で別の男と二人でタクシーに乗車。横浜市中区の交差点で停車した際にドアを開け、料金約一万三千円を払わず二人で逃げた疑い。運転手の通報を受けた署員が近くの飲食店で同容疑者を発見した。空母キティホークで調理をしていると供述しているという。
 また横須賀署の調べでは、ワトキンス容疑者は同日午後四時二十分ごろ、横須賀市本町一丁目のゲームセンターで、格闘系のゲームに負けたのに腹を立て、男性店員(29)の顔や腹などを殴り軽傷を負わせた疑い。

<コメント>
こういう事例を元に,基地撤退に持っていけないものか?
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-20 14:41 | ニュース

美姫、4回転成功へジャンプ勘取り戻す!!

d0000709_7131859.jpg
がんばれ,ミキティ!! ===>




美姫、4回転成功へジャンプ勘取り戻す!!
高地調整では絶好調


トリノ五輪でメダルの期待がかかる女子フィギュアスケートの安藤美姫(18)=中京大中京高=がトリノ市内で初練習を行った。
 この日の練習はある想定外が引き起こした緊急処置。安藤といえば4回転ジャンプだが、本番では「たとえ、失敗しても必ずいれる」と公言しているほど。メダルへの道は、4回転の成功なしでは語れないのは誰もがわかっていることだろう。
 13日、トリノ入りした安藤は標高1200メートルにある車で2時間ほどのクールマイヨールで最終調整を行っていた。ここではジャンプのキレもよく、高さも最高だった。しかし、この仕上がりの良さにあわてたのが日本スケート連盟のスタッフ。その理由は標高の高さにある。標高が高ければ空気が薄く、通常より体も軽くなりジャンプも高く飛べる。
 日本代表の城田憲子監督も、「トリノ市内に入ったら、選手も自分のキレの悪さに驚くと思う。それだけ、クールマイヨールの標高が高い証明」と解説していた。安藤の調子のよさは「標高差」にあったというわけだ。
 それだけに、絶好調だと“錯覚”しないために、予定より早くトリノ市内での緊急練習になったのだった。
 当初、この日の練習は午前中だけの予定だったが、同日夜も練習場に登場。「絶対に成功させたい」という4回転ジャンプに3度トライ。結果は一度転倒して2度は回転数が足りない失敗ジャンプ。恐れていた『標高差』という落とし穴に完全にはまってしまった。
 また、日本の女子フィギュア勢は1人部屋が2つしかない。当然、年功序列で先輩の村主章枝と荒川静香が使用。安藤はアイスダンスの渡辺心(のぞみ)と共同生活を余儀なくされる。
 日本連盟では安藤を試合直前まで、トリノ市内ではなく、一人部屋のクールマイヨールで練習させるつもりでいた。これまた想定外で、VIP待遇も剥奪(はくだつ)されたミキティ。正念場がいよいよ到来だ。

<コメント>

いろいろ大変だと思いますが,がんばれ!ミキティ!!





ホリエモンの友人秋元康大ピンチ!?…裏メール


 芸能人と幅広い交友があったライブドア前社長の堀江貴文被告(33)だけど、友人の作詞家でプロデューサーの秋元康サン(49)が大ピンチだって。
 例のヒルズ族つながりでホリエモンと親しくなった秋元サンだけど、2004年11月に「サイバーアソシエイツ」ってライブドアのグループ会社の取締役にもなった。ホリエモンが出したグルメ本の企画を仕掛けたり、タレント・ホリエモンのメディアプロデューサーが彼だったってわけ。
 今年に入ってからも、正月にラスベガスで一緒に遊んだりしてたんだけど、ホリエモンの逮捕後は、事実上の“雲隠れ”状態に。
 聞けば、ライブドア株150万株分のストックオプションをプレゼントされてて、その含み損の大きさにショックも受けてるって。結局、おいしい話ってなかったのね…。

<コメント>

あちこちに,ホリエモン騒動の火の粉が…
当事者の皆さんは大変です!!





金正日内憂だらけ、二男「女性化」で後継者選び混沌
破綻の経済、再生見込みなし


 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が16日、64歳の誕生日を迎えた。将軍さまとして君臨する金総書記だが、ここ最近は経済的破綻(はたん)や後継者などの諸問題が表面化するなど、心穏やかな誕生日とはいかない日々が続いている。独裁者を悩ます内憂とは-。
 金総書記が最も気がかりなのが後継者問題。金総書記には2番目の妻・故成恵琳(ソン・ヘリム)夫人との間に生まれた長男の正男(ジョンナム)氏(34)、最愛の妻だった故高英姫(コ・ヨンヒ)夫人との間に生まれた二男、正哲(ジョンチョル)氏(24)、三男の正雲(ジョンウン)氏(22)の3人の息子がいる。
 特に正哲氏は、昨年10月に中国の胡錦濤(コ・キントウ)国家主席が訪朝した際、金総書記が“後継者”として紹介したとされ、最有力候補とみられていた。
 だが、ここにきて韓国情報機関筋の話として、「正哲氏が女性ホルモン過多分泌症に苦しみ、女性のように乳房が膨らむ」と、韓国紙が一斉に報道した。
 この症状が事実ならば、生殖機能にも影響を及ぼす。専門家は「後継者構図に大きな変化をもたらす可能性がある重大な問題」と指摘する。
 後継者の思わぬ病に、金総書記も頭を抱えずにはいられないだろう。
 金総書記は年明け早々、自ら中国を訪問し同国南部まで足を伸ばし、深セン(しんせん)などの経済特区を視察した。これまでの北朝鮮の“経済活動”は、偽札の製造や麻薬の密売、マネーロンダリング(資金洗浄)など非合法な手段で外貨獲得に励んできた。
 しかし、9年前に韓国に亡命した黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)元党書記が「金総書記の秘密資金の管理本部がある」と明かしていたマカオの銀行に対し、米国は昨年9月以降、金融制裁を実施。北朝鮮の紙幣偽造に明白な警告を送った。
 北の経済的な破綻は明らか。中国の経済特区の視察などで再生を模索しているが、金総書記を悩ます一因となっているのは確かなようだ。
 金総書記の逆鱗に触れ、左遷されていた義弟の張成沢(チャン・ソンテク)・党中央委第一副部長(60)が、今年1月の旧正月の行事に出席していたことが判明。
 3年前の夏、自らの派閥形成を図ったなどとして左遷されて以来、“復権”したことが公式に確認されたのだ。
 韓国情報筋によると、経済使節団として訪韓した経歴などを持つ張氏が今後、経済破綻の回避に向け責任者として金総書記に指名されたとの見方が広まっている。
 一方で、訪中にも同行した経済通の朴奉珠(パク・ポンジュ)首相らではなく、わざわざ「身内」の張氏に経済の立て直しを任せる事態に、「他には信頼できる側近がおらず、最後の頼みの綱として“家族”に頼らざるをえない」(北朝鮮専門家)との見方が強い。
 長年にわたり北に君臨してきた将軍さまだが、独裁者ゆえに案外心休まる余裕はなさそうだ。
<コメント>

つくづく,行き着くところまで来た,同国。
困ったものです。




R・バレット氏死去…コンガ奏者、89年グラミー賞

 米コンガ奏者のレイ・バレット氏が死去した。AP通信によると、17日、米ニュージャージー州ハッケンサックの医療センターで。76歳。1月に心臓バイパス手術を受けていた。死因は不明。
 ニューヨーク生まれ。1950年代から本格的に演奏活動を始め、ラテン・ジャズやサルサのコンガ奏者として人気を獲得し、コンガをジャズに不可欠な存在にまで高めたと評された。代表作は「リカン・ストラクション」(79年)。89年グラミー賞を受賞した

<コメント>

長い間,お疲れ様でした。
独自のスタイル,本当に楽しませてもらいました。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-19 07:13 | ニュース

民主党「堀江メール」を公開

d0000709_65324.jpg
<== さて,どうなるか?






堀江メール 送金指示のコピーを公開 民主国対委員長


 民主党の野田佳彦国対委員長は17日夜、党本部で緊急記者会見し、同党がライブドア前社長の堀江貴文被告から自民党の武部勤幹事長の二男に対する送金を指示したと指摘したメールのコピーを公開した。
 16日に公表された本文に加え、タイトルは「至急」、受信日時は05年8月26日15時21分35秒と記されているが、送信者やあて先は黒く塗りつぶされている。野田氏は「メールの存在すら疑われる状況だったので、提供者の理解を得てコピーを配った」と説明した。

<コメント>

堀江問題が小泉内閣にとって,致命的な問題となるか?






日本選手は全員が本戦へ ジャンプ個人ラージヒル


 スキージャンプの個人ラージヒル予選は17日、プラジェラート・ジャンプ競技場で行われ、日本から出場した岡部孝信(雪印)、葛西紀明、伊東大貴(ともに土屋ホーム)、一戸剛(アインズ)はそろって翌日の本戦に進出した。

 葛西はK点越えの126メートルを飛び、ノーマルヒルに続いて予選対象者の中ではトップ。また、伊東は123メートル、一戸も113メートルをマークした。なお、ワールドカップ総合11位で予選免除の岡部は、129.5メートルを飛んだ。

 原田雅彦(雪印)と伊藤謙司郎(北海道・下川商高)は国別代表枠4人に入れず、出場していない。

<コメント>

原田選手,とりあえずお疲れ様でした...。






フィギュアアルバム発売決定


 トリノ五輪でメダル獲得が期待されるフィギュアスケートの代表選手らが競技で使用する楽曲を集めたアルバム「マイ・フィギュア・スケート・アルバム」が、3月15日に発売されることが16日、分かった。

 アルバムには、村主章枝(25)、安藤美姫(18)、高橋大輔(19)ら男女4人の五輪代表選手をはじめ、年齢制限で五輪出場を逃した“幻の金メダリスト”浅田真央(15)や、昨年のアジア選手権優勝の中野友加里(20)ら計8人のショートプログラム、フリー、エキシビションの演技曲が計13曲。荒川静香(24)が五輪直前に変更した楽曲も収録されている。

 CDジャケットには村主が起用され、CDは、その村主が昨年10月にスポンサー契約した大手レコード会社「エイベックス」から発売される。村主は、五輪の調整を行う中のわずかな時間で撮影に臨み、CDに付録されているブックレットにも「プログラムを作っていく上で、とても大切な『音楽』。世界中に数え切れない程ある音楽の中から、2005―06シーズンは、この曲を選びました」とコメントを寄せている。

 村主らは、現地時間21日に登場する。不振が続く日本勢の窮地を救って、価値ある“メダリストアルバム”にすることができるか注目される。

<コメント>

近年オリンピックのたびに資金集めもかねて?公式アルバムが発表されますが,日本選手がちょっと振るわない今大会では,少し残念アルバムとなりそうです。
[PR]
by afternoon_news | 2006-02-18 06:53 | ニュース