<   2006年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

亀田父、リングから 観客席に「ダイブ」

d0000709_6264333.jpg
06年9月27日、プロボクシングの亀田家の次男、大毅選手はスーパーフライ級8回戦で僅差の判定勝ちをしたものの、観客からヤジが飛び、これをきっかけに乱闘騒ぎが発生した。乱闘の場面はテレビでは放映されなかったが、その様子を詳しくレポートしたブロガーがいた。
大毅選手と対戦したのは、メキシコのバレリオ・サンチェス選手。ボクシング歴18年のベテランだ。手数の多さに苦しめられ、大毅選手は3回には鼻血を出し、6回には右目まぶたを切った。ジャッジは、一人が77-77の引き分けをつけた以外は、77-76と採点。僅差で大毅選手の勝利となった。この微妙な結果が、場外乱闘のきっかけとなった。
現場の様子を詳しく伝えているブログがあった
各スポーツ紙の報道によると、勝利者「亀田大毅」のコールが告げられた直後に、観客席から「そんなに勝ちたいか」「八百長」と言う野次が飛んだ。それに対して、亀田ファンが過剰反応、亀田選手の父・史郎氏も「参戦」を試みたが、周りには止められた、という。

この試合は、27日深夜にTBS系列で録画中継されたが、乱闘シーンはカットされていたため、実際の乱闘シーンの詳細ははっきりしない。そんな中で、現場の様子を詳しく伝えているブログがあった。

ボクシングの観戦記をまとめた「ボクシングストレートレポート」というブログだ。同ブログによると、試合直後の「そんなに勝ちたいか」という声は、特に「野次」というほどのものではなかったのだという。「乱闘」が始まったきっかけを、こう書いている。
「悪意や憤りのこもった声ではなく、『勝った、勝った』と誇れる内容ではなかった、ということをいいたかったのだと思う。(略)ところが、これに亀田応援団の一人の男性が、明らかに過剰反応喧嘩腰、敵意むき出しで、『なんじゃ、われ、おら!!』と恫喝してくる」
父がキレて、プロレス並みの技を披露
出色なのは、史郎さんが「参戦」するまでの描写だ。
「するとこの様子を見ていた亀田史郎氏(画像)のような凄まじい表情で、にらみつけるや、まるで、ミルマスカラス(古っ!!)のように、リングから、観客席に『ダイブ』。あとはもみあい、つかみあいで、もうめちゃくちゃ」
このように、史郎さんが「キレ」た様子を生々しく伝えている。なお、「ミル・マスカラス」とは、跳び技が得意だった、往年のメキシコの覆面レスラーのことだ。

そんな中、試合が行われた日には、亀田兄弟の試合を中継しているTBSの社長会見が開かれ、大晦日に亀田選手の試合が中継されるという噂について「憶測が勝手に広がった。元々、そういう計画はありません」と、完全否定してみせた。同席した局幹部に「(計画は)ないよな?」と確認してみせる念の入れようだ。
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-30 06:31 | ニュース

亀田父加担なら処分も…27日大毅戦後 大乱闘

d0000709_13504726.jpg 日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長(45)は28日、前日(27日)の亀田3兄弟の二男・大毅(17)=協栄=のプロ6戦目(東京・後楽園ホール)後に起きた観客同士の乱闘騒ぎで、所轄の富坂署に、JBC、興行主の協栄ジム、会場の後楽園ホールの3者で出頭し、状況報告したことを明らかにした。 同事務局長は「飛び火する可能性がある」として、大毅の兄、WBA世界ライトフライ級王者・興毅(19)の初防衛戦(10月18日、東京・有明コロシアム)に警備を強化する考えを示した。また、協栄ジム側には報告書の提出を求め、騒ぎの周辺にいた亀田3兄弟の父・史郎トレーナー(41)について「乱闘に加担しようとしていた場合は処分の可能性がある」とした。
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-29 13:50 | ニュース

亀田興は3点負けていた WBA審判委員長

 世界ボクシング協会(WBA)東京総会に出席しているWBAのルイス・パボン審判委員長は27日、都内で亀田興毅(協栄)がフアン・ランダエタ(ベネズエラ)を2-1の判定で破って王座を獲得した8月2日のライトフライ級王座決定戦について、「試合のビデオを見た。わたし自身の採点では亀田が3ポイント差で負けていた」と発言した。WBAのヒルベルト・メンドサ会長は「非常に接戦だった。両者が力の限りを尽くした好試合だった」と評価しているが、レフェリーとジャッジを統括する部門の責任者であるパボン委員長は異なる見解を示した。 試合は亀田が1回にダウンを喫し、11回もKO寸前まで追い込まれながら判定勝ち。試合後、多くの抗議や批判が起こった。 
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-28 10:12 | ニュース

亀田大毅のファンが乱闘騒ぎ

d0000709_916484.jpg
 “事件”は、大毅のヒーローインタビューの真っ最中にボッ発した。北側のリングサイド本部席の真後ろにいた数人の観客が、ケンカ腰でヤジを飛ばしてきた。

 「八百長!」

 「こんなんで勝ってうれしいのか!?」

 「負けてるだろが!」

 平日の午後1時開始の大会にもかかわらず、会場は2000人の観客で満員だ。試合はWBAランキング委員会の“御前試合”で、大毅の史上最年少の世界ランク入りがかかる重要な一戦だった。止まらぬ罵声(ばせい)に大毅の一部応援団が激怒し、観客と衝突。周囲の観客を巻き込んでの大乱闘に発展した。

 試合中から同じ観客にヤジを飛ばされた、父・史郎トレーナー(41)も我慢の限界だ。身を乗り出し“参戦”しかける。だが協栄ジムのスタッフ数人に制止された。約5分間、騒然の場内。幸いけが人は出なかったが、後味の悪い結末となった。

 試合は接戦だった。手数のサンチェスに、大毅が有効打でポイントを上回ったが、3回に鼻血、6回には右まぶたを切って流血。観客から劣勢に見られるような試合内容だった。これも亀田家の宿命なのか。WBA世界ライトフライ級王者の兄・興毅(19)が戦った8月2日の世界戦。その時も判定勝ち。その余波が、弟の大毅にも降りそそいだ格好だ。

 プロ6戦目で初めて流血しながら、キャリアではるかに上回る世界ランカーに勝った大毅は「(流血は)ボクサーの勲章や。(判定は)悔しいけど、次はきっちりKOで勝つ」と話した。

 だが亀田家の怒りは収まらない。1人のジャッジがドロー採点をつけたことに一致団結の激怒。「亀田バッシングの弊害が(ジャッジにも)影響した。極めて辛い採点」とは協栄ジムの金平桂一郎会長(40)だ。史郎さんは「好き嫌いで判定をつけられたらたまらん! だから観客が調子に乗ってくる」。興毅も「こんなんじゃボクシングできへんやんか。おれらアマチュアとちゃうぞ」と激高した。亀田家に吹きすさぶ逆風はいつ収まるのか。
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-28 09:16 | ニュース

ノムさん、ニヤリ

d0000709_1330572.jpg
ドラフト会議で田中将大投手の交渉権を獲得し,笑顔を見せる楽天の野村克也監督と島田亨球団社長






巨人桑田謝罪へ、HP更新の意向

 巨人桑田真澄投手(38)が26日、近く球団公式ホームページ(HP)上の自身のコーナーを更新する意向を示した。23日の「お別れ」と題した決別宣言が、球団内外に大きな波紋を呼んでおり、桑田自身も当惑の様子。この日、川崎市のジャイアンツ球場で練習後、「近々、HPで書きますから。それまで静観してください」と話した。
 更新する内容は、原監督はじめ球団側に説明のないまま巨人との決別を公表したことへの謝罪とみられる。
 桑田にしてみれば「誤解」の連続だったのだろう。23日にHPの内容を伝え聞いた原監督は「順番が違うよなあ」と、事前に説明のなかった不義理な行為に苦笑いを浮かべ、2軍の現場も当惑を隠さなかった。「ファンのために」と意を決してつづった決別宣言が、桑田の思惑とは違う反応となった。
 「この前も言った通り、チーム第一ですから。Aクラス入りがかかっているし、そこを考えて(2軍で)投げたんです。原監督とケンカとか、球団とケンカしている訳じゃない。野球観といっても100人いれば100通りある。(原監督の)それに沿えなかったので申し訳ないと会見で説明したのに…」と一連の言動に、桑田なりの配慮があったと力説した。21年間、巨人を支えた功労者が新たなスタートを迎えるためには、自身で招いた騒動を自身の声で沈静化する必要がある。
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-27 13:30

田中 楽天が交渉権 堂上は中日

d0000709_167683.jpg
 高校生を対象としたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が25日、東京都港区の新高輪プリンスホテルで開かれ、夏の甲子園準優勝の田中将大投手(駒大苫小牧)の交渉権は楽天が獲得した。
 入札抽選方式で行われた1巡目では、田中には横浜、楽天、オリックス、日本ハムの4球団が競合。くじ引き抽選の結果、楽天が交渉権を得た。
 高校通算55本塁打の堂上直倫内野手(愛工大名電)には巨人、阪神、中日の3球団が競合。「関東ナンバーワン」の呼び声も高い増渕竜義投手(鷲宮)にもヤクルト、西武の2球団が競合し、中日が堂上、ヤクルトが増渕の交渉権を得た。大嶺祐太投手(八重山商工)にはソフトバンクとロッテの2球団が競合し、ロッテが交渉権を獲得した。また、広島は単独で前田健太投手(PL学園)の交渉権を得た。
 昨年起きた、抽選で交渉権獲得球団が誤って発表されるようなトラブルは今回はなかった。
 大学・社会人は11月21日に行われる。

<コメント>

駒大・苫小牧の田中君,心中はいかに?
巨人あたりで無くて,かえってよかった?の説もありですが…(ファンの皆様,スミマセン)
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-25 16:07 | ニュース

桑田 巨人退団をHPで示唆

d0000709_2311238.jpg

プロ野球巨人の桑田真澄投手(38)が23日、同球団公式サイト中の自身のホームページに「お別れ 友へ」と題した短文を掲載し、今季限りでの退団を示唆した。
 登板予定となっている24日のイースタン・リーグ、湘南戦を前に「明日(24日)、ジャイアンツのユニホームでマウンドに立つのは、おそらく最後になるだろう」と心境をつづり、「21年間、大きく育てていただいた、ジャイアンツに心より感謝している」「このページも2000年から続けてきたけれど、今年でお別れになると思う」とも記している。
 最後に「桑田真澄のたった一度の野球人生を、大切に、そして誠実に生きたい。長い間、ありがとう」と締めくくっている。現役を続行するか否かの意思に関しては触れられていない。
 桑田は2002年に12勝を挙げたが、翌年から5勝、3勝と尻すぼみで、昨年は12試合に先発して未勝利。今年も、4月13日の広島3回戦(東京ドーム)で04年8月以来600日ぶりに挙げた白星が唯一の勝利となっている。ここまでプロ21年間の通算成績は173勝141敗14セーブ、防御率3.55。目標の200勝まで27勝を残しているが、来季の戦力構想から外されてもおかしくない状況にある。 

<コメント>

もう少しで,200勝だったんですが…
一つの時代が終わりを告げたという感じです…
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-23 23:01 | ニュース

無資格で6遺体解剖 慈恵医大元助手を書類送検

d0000709_1136484.jpg
美技 イナバウアー ==>





 東京慈恵会医科大学(東京都港区)の解剖学教室の元男性助手(47)=目黒区=が在職中、死体解剖保存法で定められた資格がないのに、他学校の学生を相手に遺体の解剖実習をしていた事件で、警視庁生活環境課は22日、同法違反容疑で元助手を書類送検した。元助手は「資格がないのに解剖をした」と容疑を認めている。
 調べでは、元助手は平成16年3月7日から13日にかけ、慈恵医大の解剖室で、オーストラリアの大学のカイロプラクティック(整体)学科日本校(同区)の学生11人を集め、保健所長の許可を得ていない無資格で遺体6体を解剖した疑い。
 元助手は慈恵医大の助教授の医師と偽り、非常勤講師を務めていた整体学校に「課外授業」として、解剖実習の参加者を1人3万5000~6万5000円の参加料で募集していた。
 元助手は平成15年2月と同年7月にも解剖を実施。学生らを3人1組にして、1週間かけて遺体を解剖させていた。3回の解剖で延べ110人の学生や卒業生を集め、約40体の遺体を使っていた。
 死体解剖保存法は医学、歯学の教育などのための適正な死体解剖の手続きを定めた法律で、保健所長の許可を受けるか、厚生労働相が認定した者でなければ遺体の解剖をできないと規定している。

<コメント>

実際は,医師免許などを持つ教授らが立ち会わなければならないようですが,大抵みなさん忙しいようで…
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-22 11:37

阪神さんオレを買え!ソーサが仰天売り込み

d0000709_1211437.jpg
 米大リーグで歴代5位の588本塁打を誇るサミー・ソーサ外野手(37)=前オリオールズ=の代理人が、右の長距離砲獲得を目指す阪神に対し、ソーサの売り込みをかけていることが20日、判明した。昨オフにオ軍を退団し、今季はプレーしていないが、本人は現役復帰に意欲。日米間で超ビッグネームの争奪戦が繰り広げられる可能性が出てきた。 メジャーを代表するスラッガーが、太平洋を越えて、阪神にアプローチしていた。その名はサミー・ソーサ。昨年まで現役17年で大リーグ歴代5位の通算588本塁打。シーズン3度も60発以上をマークしている世界で唯一人の男…。その代理人を務めるアダム・カッツ氏が阪神球団に対し、新外国人としての売り込みをかけてきたことが、明らかになった。 ソーサはカブス時代の98年、マグワイア(カージナルス)と、当時の最多記録(61本塁打)を塗り替えるし烈な本塁打争いでMVP受賞。その年の日米野球で来日したことで日本での知名度も高い。 だが03年の試合中に折れたバットからコルクが発見され、退場処分を宣告される事件を起こし、04年は打率.253、35本塁打と低迷。薬物使用が噂され始めたのもこの頃からだった。05年に約20億円の年俸でオリオールズに移籍も、打率.221、14本塁打、45打点と期待を裏切って退団。 昨オフはナショナルズが興味を示したが、年俸50万ドル(約6000万円)という低評価で破談に。今季はどの球団にも属さず、引退もささやかれたが、本人は現役続行を望んでいるとされ、その動向が注目されていた。 そこで代理人が目を向けたのがアジア市場。阪神は、今季限りでスペンサー解雇の方針を固めており、新たに右の長距離砲獲得の準備を進めている情報をキャッチしての動きだったようだ。実績的にも申し分なく、甲子園での守備力、本塁打も望める超ビッグネーム。今後のメジャー球団の動向にもよるが、年俸1億円以下の“格安”で獲得できる可能性もある。 11月で38歳となるソーサは金本と同じ年ながら、年々下降している成績と今季のブランクを最終的に阪神側がどう判断するか。阪神の編成担当者も現時点では「それはないだろう」と慎重な構え。担当者の現地調査をもとにリストアップした選手をまずは優先して新大砲の候補を絞り込んでいく考えのようだが…。 97年には、レッドソックスの看板選手だったグリーンウェルを獲得。右足を骨折して実働7試合で引退した苦い過去がある阪神だが、当時とチーム力は比べものにならない。思い切って“冒険”してみる手もありそうだ。

<コメント>

第二のグリーンウエルにならないように…
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-21 12:11 | ニュース

やせ過ぎモデル5人を締め出し

d0000709_135788.jpg
報道によると、18日から開幕するマドリード・ファッションウィークの「パサレラ・シベレス」で、やせ過ぎのモデル5人が測定の結果、不採用となった。主催者は先に、一定の基準を満たさないやせ過ぎのモデルの参加を禁止することを決めていた。
 ファッションショーの世界で、モデルがやせ過ぎを理由に出演を拒否されたのは初めてという。パサレラ・シベレスの主催者は、禁止決定は世界保健機関(WHO)や国内の法に基づいており、時には死に至る拒食症との闘いに資するものだとしている。
 68人の国際的なモデルが16日、ボクサーよろしくはかりの上に乗って、175センチで56キロ以上の基準を目安にして体重を測定した結果、スペイン人モデル5人が不採用となった。主催者によると、このほかに、昨年のショーに参加したモデルの30-40%を測量の前に事前に不採用にしたという。
 世界をリードするパリとニューヨークのファッション界は、この動きを批判している。仏ファッション連盟の会長は「ファッションは規制されるべきではない。もし同様の措置がフランスで取られたら、みんなが笑うだろう」と語った。
 また、米デザイナー協会の会長は、これは差別的な措置であり、ニューヨークのファッション界ではやせ過ぎのモデルは問題になっていないと述べた。

<コメント>

痩せ過ぎモデルのお陰で,世間の標準がかなり細くなり,拒食症を助長するという話があります。
また,モデル事務所もモデルに体重制限を強いて,かなり無理なダイエットが行われ,モデルの拒食症も当たり前になりつつあるとか。
そういう背景からすれば,ある程度,勇気ある決断と言えるかも知れません….
[PR]
by afternoon_news | 2006-09-18 13:57 | ニュース