<   2007年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

株急落は新興国への警戒感か

d0000709_13295355.jpg
米景気不安は限定的-米株式急落

 同時テロ以来となる大幅な米株価下落を招いた最大の要因は、中国など新興市場国経済に対する警戒感だ。急伸していた中国株式相場には、以前から「高過ぎる」(米エコノミスト)との指摘があり、過熱気味だった対中投資は冷や水を浴びせられた格好だ。
 27日の上海総合株価指数の急落は「売るタイミングを計っていた投機筋に格好の材料を与えた」(大手証券)。中国景気の減速に対する不安感が上海市場からアジア全体に広がり、さらに欧州、ニューヨークへと連鎖した。
 しかし、もう一つの株売り材料となった米国経済に関しては、一部経済指標の悪化で懸念が生じたものの、「ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に不安はない」(前出のエコノミスト)と冷静な見方が支配的だ。 
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-28 13:30 | ニュース

タミフル 転落死との因果は未解明 


d0000709_12244963.jpg
では、どう付き合えば



 インフルエンザ治療薬の「タミフル」(一般名オセルタミビル)を服用後に、中学生がマンションから転落死した例が、愛知県と仙台市で相次いだ。同様の例は以前にもあり、服用による副作用の可能性が指摘されてきたが、厚生労働省は「因果関係は否定的」との立場だ。同省研究班は今冬、1万人規模での調査を進めている。タミフル服用についてどう考えるべきか、現状をまとめた。
 >患者の異常言動は、タミフル発売以前から
 インフルエンザ治療薬「タミフル」は01年2月に国内販売が始まった。輸入販売元の中外製薬によると、インフルエンザ治療目的で延べ約3500万人が使用した。
 タミフルは感染を予防するワクチンと異なり、ウイルスの増殖に欠かせない酵素の働きを阻害して、ウイルスが全身に広がるのを防ぐ。その結果、熱などの症状が、服用しないよりも平均して1日程度早く治まる。
 流行すると多数の死者が出る恐れが指摘されている新型インフルエンザにも有効な可能性があるとされ、国や自治体が備蓄を進めている。
 一方、腹痛や下痢、発しん、吐き気などの副作用があり、臨床試験では28%の患者で発生した。肝機能障害や肺炎など8種類が「重大な副作用」として挙げられている。
 厚生労働省によると、タミフル服用後の異常行動死が最初に確認されたのは04年。インフルエンザ治療中の17歳の男性が服用後に自宅を飛び出し、トラックにひかれた。同省によると服用後に死亡したのは昨年10月までに54人。うち3人が転落など異常行動死で、残りは肺炎や肝機能障害などだった。16歳以下に限ると死亡は16人、異常行動死は2人だった。
 中外製薬は05年末、医療機関を通して、患者やその家族らに注意を呼びかける文書を配布した。それによると、まれに意識がぼんやりしたり、とっぴな行動を取るなど精神神経系への症状が出る。
 しかし、インフルエンザ患者が異常な言動を見せる例はタミフル発売前から知られており、転落死などの異常行動がインフルエンザによるのか、タミフルによるのかは解明されていない。
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-28 12:25 | ニュース

サッポロ 買収問題は長期化か


サッポロ対スティール 今後の流れ

 米系投資ファンド、スティール・パートナーズによるサッポロホールディングスへの買収提案で、ビール業界の再編機運は一時、高まったが、ホワイトナイト(白馬の騎士=友好的買収者)の候補であるアサヒビールやキリンビールに動きがないまま長期化の様相をみせてきた。サッポロは一両日中にもスティールに買収目的などについての質問状を送るが、スティールの提案を受け入れる公算は小さい。当面は、買収防衛策の発動に向けたサッポロの検討作業に焦点が移りそうだ。

>株高でこう着状態に

 アサヒ、キリンなど各社の動きが鈍いのは今回の再編問題が衆人環視の中にあるうえ、サッポロの株価が高騰しているため。サッポロの株価は再編への期待から、スティールが提示した株式公開買い付け(TOB)価格の「825円程度」を上回る900円台で推移している。サッポロから要請があれば支援する意向を表明していたアサヒも、「ここまで株価が上がると(コストが大きくなり過ぎ)踏み込む勇気がない」(荻田伍社長)と慎重姿勢に転じている。
 スティールの狙いに乗りたくない、という各社の思惑もある。スティールは昨年10月、明星食品に敵対的TOBを実施して失敗したが、最終的にはホワイトナイトとなった日清食品の対抗TOBに応じて明星株を売却し、30億円を超える利益を得た。ビール業界は「同じようにスティールの戦略に踊らされたらかなわない」(荻田社長)との思いで一致している。

>買収防衛策の是非判断

 スティールは今後、買収目的などに関するサッポロの質問に回答する。サッポロは、スティールの株式取得が現金の場合は60日間、現金以外なら90日間でその回答を検討し、外部有識者で作る特別委員会の助言を得ながら、株主価値を著しく損なうかどうかを判断する。
 株主価値を損なうと判断した場合は防衛策を発動する。防衛策はスティール以外の株主に新株予約権を発行してスティールの保有比率を引き下げる措置だが、スティールは「防衛策を発動した場合は法的手段を取る」と表明している。
 サッポロの防衛策は経済産業省などが作った指針に沿っているが、スティールは「株式の取得・譲渡は自由な権利」として20%以上の取得を制限する防衛策そのものを否定している。スティールが新株発行の差し止めを求めて訴訟を起こせば、防衛策そのものの是非を問う大きな司法判断にも発展しそうだ。
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-27 15:44 | ニュース

俊輔、終了間際の逆転劇演出

d0000709_1228167.jpg
スコティッシュ杯4強進出

 スコットランドプレミアリーグ・セルティックのMF中村俊輔が25日、スコティッシュ杯準々決勝のインバネス戦(アウエー)に先発出場し、劇的な逆転勝利を演出した。0-1で迎えた後半44分、俊輔のCKをDFマクマナスが折り返し、DFプレスリーがヘッドで同点弾。試合終了間際にも俊輔が起点となり、最後はFWミラーがゴールを決めた。常に追いかける展開だったが「1点取られて印象は悪かったけど、試合はこちらが支配していた」と最後まで諦めなかった。「みんなここだというときに強いね。リーグ、(欧州)CL、カップ戦と集中していきたい」と俊輔。大逆転でベスト4を決めた。
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-26 12:28 | ニュース

日本、ジャンプ団体「銅」 2大会ぶりにメダル獲得

d0000709_21522292.jpg
 ノルディックスキー世界選手権札幌大会第4日の25日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場で行われたジャンプ団体ラージヒル(HS134メートル、K点120メートル)で日本が3位に入り、銅メダルを獲得した。日本勢にとって、地元開催となった今大会で初めてのメダル。世界選手権では2003年バルディフィエメ(イタリア)大会のジャンプで団体が銀、葛西紀明(土屋ホーム)が個人ラージヒル、ノーマルヒルでともに銅メダルを獲得して以来2大会ぶり。 
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-25 21:52 | ニュース

番組打ち切りの福沢朗に気分転換のススメ

d0000709_20284847.jpg 心配していたことが現実になってしまった。福沢朗(43)が司会を担当する番組「人間!これでいいのだ」(TBS)の打ち切りが決まったのだ。

 番組は今週24日の放送で終了するが、そもそも無理があった。元は福沢司会の前番組「ぴーかんバディ!」だ。

 白インゲン豆のダイエットを特集したところ、視聴者に健康被害が出る事件に発展し、これが原因でポシャった。その後番組として「人間」がスタートしたが、今月3日放送の「頭が良くなる音」という特集でヤラセ疑惑が浮上してしまった。

 10日放送の番組ではこの件のお詫び放送を行ったばかりだった。

「福沢にとって頭が痛いのは『人間』の不祥事だけではない。かつて20%近い高視聴率を記録していた頼みの綱の日テレ『エンタの神様』まで最近は15%前後までダウンしている。昼の情報番組『ピンポン!』は3~4%前後をウロウロしているし、全部がガタガタです。なのに、TBS内には今も福沢で『夜ズバッ!』をやるなんて話があります。本当に大丈夫か」(事情通)

 福沢が日テレを辞めて制作会社に所属し、フリーで活動を始めてもうすぐ2年になる。だが、こうも立て続けにトラブるのはツキが落ちているのが一因だろう。気分転換が必要か。
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-25 20:38 | ニュース

番組打ち切りの福沢朗に気分転換のススメ

d0000709_2029373.jpg 心配していたことが現実になってしまった。福沢朗(43)が司会を担当する番組「人間!これでいいのだ」(TBS)の打ち切りが決まったのだ。

 番組は今週24日の放送で終了するが、そもそも無理があった。元は福沢司会の前番組「ぴーかんバディ!」だ。

 白インゲン豆のダイエットを特集したところ、視聴者に健康被害が出る事件に発展し、これが原因でポシャった。その後番組として「人間」がスタートしたが、今月3日放送の「頭が良くなる音」という特集でヤラセ疑惑が浮上してしまった。

 10日放送の番組ではこの件のお詫び放送を行ったばかりだった。

「福沢にとって頭が痛いのは『人間』の不祥事だけではない。かつて20%近い高視聴率を記録していた頼みの綱の日テレ『エンタの神様』まで最近は15%前後までダウンしている。昼の情報番組『ピンポン!』は3~4%前後をウロウロしているし、全部がガタガタです。なのに、TBS内には今も福沢で『夜ズバッ!』をやるなんて話があります。本当に大丈夫か」(事情通)

 福沢が日テレを辞めて制作会社に所属し、フリーで活動を始めてもうすぐ2年になる。だが、こうも立て続けにトラブるのはツキが落ちているのが一因だろう。気分転換が必要か。
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-25 20:29 | ニュース

中野美奈子・中居正広との結婚話でスッタモンダ

d0000709_20204813.jpg
 SMAP・中居正広(34)とフジテレビ・中野美奈子アナ(27)の“できちゃった結婚騒動”がいまだにくすぶり続けている。

 発売中の「週刊現代」では、中野の故郷である香川県丸亀市に住む中野の父親に結婚騒動の真相を直撃。父親は「それはもう、まったくのデマなんですよ。たまに、食事に行くようなことはあるみたいですが、付き合いといっても、一般のお友達の範囲と聞いています」と一蹴している。

 また、発売中の「週刊女性」は中野の母親に直撃し、こちらも「いえいえ、そういう話(結婚)はございませんので」と否定されている。

 こうした証言を総合すると、2人の現状は「まだ結婚はないが、交際しているのは事実」ということになる。これで騒動は一段落しそうな雲行きだ。

 しかし、中野の周辺でまだゴタゴタが続くのは間違いない。中野がいつフジを飛び出すかに注目が集まっているのだ。

「今回の騒動で、フジ内におけるナカミーの立場は完全に浮いてしまった。中居の所属するジャニーズ事務所がホームページ上で“ネット上の情報は事実無根”と発表するほどの事態に発展しただけに、無理もありません。もともと、2年前に中居とのキスプリクラ写真が流出して交際が発覚したことで、ナカミーは去年、中居と共演していた『笑っていいとも!』を降板させられている。これからますます腫れ物扱いされるのは間違いありません」(テレビ関係者)

 現在、中野がレギュラー出演している朝の情報番組「めざましテレビ」は、視聴率が低迷して、TBSの「朝ズバッ!」に抜かれてしまった。そのため、リニューアルが検討されていて、中野はいつ降板になってもおかしくない状況だ。

 中野は以前から報道を希望していたうえに、フジの自分に対する評価に不満を漏らしているから、いつフジを辞めても不思議はない。

 しかし、中居との結婚がキチンと決まるまでは、中野は辞めないだろうともっぱらだ。

「中野にとっては、人気者の中居と結婚して寿退社という流れがベストです。フジに在籍していれば、少々、不遇をかこつ面はあっても、正式に結婚が決まるまではガードしてくれる。中居との関係が中途半端なままフジを辞めてフリーになったとしても、フジはもちろん他局も使いづらいから、そう簡単に仕事は決まりませんよ。相手がジャニーズのタレントということを考えれば、なおさらです」(芸能リポーター)

 さて、中野の決断は?
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-25 20:20 | ニュース

タッキー、階段落ちて鼻骨折

d0000709_1936161.jpg
でも,ツアー強行!

タッキーこと滝沢秀明(24)が、22日に階段から落ちて鼻骨を折る全治1カ月半の重傷を負っていたことが24日、分かった。滝沢は24日、ケガを押して名古屋での「タッキー&翼」コンサートに出演し、ファンにケガを報告した。ライブでは今井翼(25)と協力して、ケガを感じさせないアクティブなパフォーマンスを見せ、ファンから大きな声援を浴びていた。
 アクシデントが起きたのは22日深夜。ロケを終え、仕事仲間と集まったときに、暗がりで階段から足を滑らせ転落。顔を床に強く打ちつけたという。その後、病院で診察を受け、鼻骨骨折が判明した。
 滝沢は現在、「タッキー&翼」として2月3日から5月27日まで14都市33公演の全国ツアー中。そのさなかでのケガとあって、「ちゃんとファンに報告したい」と24日に公式ウェブサイトで「鼻の骨にヒビが入ってしまいました」と報告。「本当に反省してます。それと同時に悔しさもあります」と告白した。
 痛みが引かず、24日のコンサートの開催も危ぶまれたが、「今まで何があってもステージを続けてきたから、ここで負けられない」と決断。ステージでは、顔面にサッカー元日本代表DF宮本恒靖ばりの黒のフェースガードを着けて登場すると、冒頭で「自分の不注意でファンのみなさま、スタッフにご迷惑をおかけしてすみません」と直接、謝罪した。
 けがに負担がかかる動きこそ変更したものの、骨折しているとは思えない迫力のパフォーマンスを繰り広げた。鼻の上でこぶしを振る振り付けのある、新曲「× ダメ」では、パートナーの今井が「みなさんもダンスをやってください。でも、鼻は折らないでね」と会場に語りかけると、滝沢が「僕は折っちゃってるけど」と苦笑。MCでも、格闘技好きらしく、マスク姿を逆手にとって、「売れないプロレスラーみたいでしょ!?」とギャグを飛ばす場面も。この日の昼夜の2公演を気力で乗り切った。
 不幸中の幸いで、仕事への影響はバラエティー番組など一部に限られるもようで、25日も同地でコンサートを行う。
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-25 19:36 | ニュース

加護亜依「上京“お茶汲み”修行生活」撮った

d0000709_6314674.jpg

昨年2月、「タバコ問題」がキッカケで、芸能活動から離脱、奈良県の実家に戻って長期の謹慎生活に入っていた“あいぼん”こと加護亜依(19)。一部では芸能界復帰絶望の声もあがっていたが、今年1月、密かに上京。所属事務所で「OL見習い」の日々を送っていた。そして、彼女が働く事務所を訪れた本誌記者の前に現れたのは、1年前と比べて驚くほどほっそりとし、オンナっぽさを増していた彼女本人だった----。
[PR]
by afternoon_news | 2007-02-24 06:31 | ニュース