あいつならやるかも…胸モミ議員、近所での評判は



d0000709_2543151.jpg

あいつならやるかも…胸モミ議員、近所での評判は


 「ニュースに驚いている」。強制わいせつの現行犯で逮捕された衆院議員、中西一善容疑者(40)。事情が分からない妻は、こう言って自宅のインターホンを切った。日ごろ見せていたさわやかなイメージとかけ離れた犯行に、支持者や同僚議員は声を失った。名前からとったキャッチフレーズは、「一日一善」。酒にのまれ、名前とバッジの重責に押しつぶされてしまったのだろうか。

【自宅】

 「昨夜、夫からは何の連絡もなかった。朝のニュースで事実を知った。事務所からも警察からも連絡はない。ニュースを見て、驚いている。まったく事情が入ってこないので、状況が分からない」

 中西容疑者の妻は10日午前、大田区南千束の自宅でインターホン越しに小声で話した。「夫を信じているか」との問いには一呼吸置いて、「はい」とだけ答えた。

 中西容疑者は町工場の3男として生まれ、現在の自宅で育った。

 付近の住民によれば、町工場の一人娘のところに、息子2人を連れて婿入りしたのが中西容疑者の父親。新しい家庭で、初めてできた子供が中西容疑者だという。

 ある住民は逮捕について、「あいつならやるかも。選挙に出ることになって急に愛想よくしてきたし、表裏がありそう」と語った。

 中西容疑者は数年前に母親をがんで亡くし、現在は父親、妻と3人の息子の6人暮らしで、長男と二男は小学校に通う。

 近所の主婦は「奥さんは本当に庶民的でいい方だから、本当に気の毒」と話す。中西容疑者については、「ひたすら調子がいい人。このへんの住民とは交流もなかったが、都議会選に出ることになった途端、手のひら返しでよく家に大きな声であいさつに来た」と声をひそめた。

【選挙区】

 8階建てビルの3階にある大田区西蒲田の地元事務所には、報道陣が詰め掛けたが、職員は不在のまま。近くに住む整体師の男性(38)は「さわやかなイメージだったので、びっくりした」と信じられない様子。通りかかった主婦(60)は「同じ区民として、恥ずかしい」と顔を曇らせた。

 中西容疑者に投票したという自営業の男性(54)は「大田区では抜群の人気で、これからという時だったのに…。立場のある人がこういうことはやっちゃいけない」と話した。

【犯行現場】

 現場となった港区六本木3丁目の飲食店は、外苑東通りから北へ約50メートルの路地の一角。付近には国会議員が好みそうな高級店は皆無で、逮捕現場もまったく普通のスナック。

 近所に住む30代の男性は「ついこの前も殺人事件が起きたばかり。そんな大きな事件が続いて起きるとは」と驚いた様子を見せていた。

 現場から数メートル離れたビルでは数日前にイラン人の射殺事件がおきたばかり。現場検証に訪れた多数の捜査員が報道陣の数にビックリ。「何かあったの?」と逆取材した後、「現場を荒らさないで。お願いだから出て行って」と懇願する場面もあった。

<コメント>

飲酒の上の出来事とはいえ...言葉を失います。





防犯指南役としてTV出演していた男が新たに窃盗を行っていたことが判明、逮捕



2003年12月に防犯指南役としてテレビ番組に出演していた男が、2004年12月に新たに窃盗を行っていたことがわかり、9日、逮捕された。

逮捕されたのは、番組では「平成の大泥棒」と名乗っていた本名、珍田政広容疑者(51)。

逮捕された珍田容疑者は、4人のグループを集めて、愛知・知多市にある閑静な住宅街の会社社長宅に侵入し、現金およそ50万円と指輪などの貴金属、3,300万円相当を盗んだ疑いが持たれている。

侵入の手口は、ガラス窓を割るというものだったが、珍田容疑者は番組の中で、ガラスを割る数々の手口を披露していた。

この番組に珍田容疑者とともに出演した犯罪アナリストの梅本正行氏、人呼んで「怒りの梅さん」は、「許されることならぶん殴ってやりたいですよ、こんなやつは。今度、出てきたときには、この国変わっていると、もうそんな簡単に泥棒はできないぞというような環境を作っちゃわないとだめですね」と話した。

珍田容疑者が出演した番組を放送した「毎日放送」は、「更正して世間の役に立ちたいという話だったが、結果として、信じた視聴者に対して申し訳ない」としている。

<コメント>

こちらもあきれたお話。





女性患者の裸撮影、墨東病院医師逮捕



 診療行為を装い女性患者の全裸写真を撮影。東京の都立病院の心臓血管外科部長を務める医師が警視庁に逮捕された。

 準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、都立墨東病院の心臓血管外科部長、田辺貞雄容疑者(51)。田辺容疑者は去年7月、江戸川区に住む当時30歳の女性患者を診察した際、検査の一環だと偽って女性を全裸にしたうえ、デジタルカメラで写真を撮影した疑いなどが持たれている。

 

 女性はおととし9月、この病院で出産したあと「血栓症の疑いがある」と診断され、外来で田辺容疑者の診察を受けていた。田辺容疑者はエコー検査をするという名目で女性を個室に連れて行き、全裸にさせたうえ、さまざまな姿勢で全身の写真を撮影したということだ。

 

 「皮膚科のような特殊な科以外は全身で診察するということは、特に全裸ですからね。そういうことはあり得ないと思います。特に血栓症という名前でしたら全裸の検査はないと思います」(血栓症に詳しい 野手洋治 日医大助教授)

 

 警視庁は先月、田辺容疑者の自宅や病院の家宅捜索を行い、捜査を進めてきました。その結果、写真撮影は医療行為を装ってわいせつ目的で行ったものと判断、逮捕に踏み切った。

 

 「被害者である当院の患者様には大変申し訳なく、また、都民の皆様の当院に対する信頼を損なったことに対し深くお詫び申し上げます」(都立墨東病院の会見)

 

 医師の立場を利用し密室で行われた卑劣な行為。発覚を恐れた為か、田辺容疑者はこのエコー検査の検査料を女性に請求していなかったということだ。

 

 「無料の検査というのはありません。通常の画像検査、超音波を含めて必ず(料金は)請求されます」(野手洋治 日医大助教授)

 

 調べに対し田辺容疑者は「患者を全裸にして撮影した事は間違いないが、わいせつ目的ではなくメモとして残すためだった」と容疑を否認していますが、田辺容疑者のパソコンには他に複数の女性患者の裸写真が記録されていた。警視庁は余罪を追及している。

<コメント>

今日は呆れた話が続く。これは,ずいぶん困った話だ。




ダルビッシュの謹慎解除 日本ハムが反省確認し発表



日本ハムは10日、未成年でありながら沖縄県でのキャンプ参加中の2月に喫煙が発覚したダルビッシュ有投手(18)の謹慎処分を同日付で解除したと発表した。

 今村純二球団社長が9日に謹慎先の千葉県鎌ケ谷市の球団寮でダルビッシュと面談し、本人が十分に反省していると判断して解除を決めた。

 ダルビッシュ投手は札幌市内の球団事務所で会見し「自分自身の軽率な行動で多大なるご迷惑を掛けたことをおわびします。これからは法を犯す過ちを2度と起こさないことを誓います」と反省の弁を述べた。11日からは2軍のチーム練習に参加し、社会貢献活動も行う。

 ダルビッシュ投手は2軍キャンプ中の喫煙で宮城・東北高から停学処分を受け、球団からは寮での謹慎処分と社会貢献活動を命じられていた。

<コメント>

ダルビッシュ選手には厳しい結末でしたが,これを機に,いっそ禁煙デモCMに出るなど,禁煙タレントに転じてみては...どうせなら,です。




あややをゲットした橘慶太の本音

 あややをモノにした男として騒がれているアイドルユニット「w‐inds.」の橘慶太(19)。女性誌の「抱かれたい男ランキング」で3位になったこともあるイケメンである。

 しかし、10代の女性に人気のアイドルユニットだけに、ピンとこない人も多いだろう。

 01年3月に「DA PUMP」の弟分としてデビュー。女子中高生から圧倒的な支持を得てデビューシングルは売り上げ20万枚を超える大ヒットを記録した。その後も20万枚近いヒット曲を連発して、「ジャニーズ事務所の支配体制を崩す存在」という声もあった。

 しかし、最近は人気が低迷してシングルの売り上げも激減。03年8月発売の「Love is message」から4曲連続で10万枚を下回った。昨年の紅白歌合戦で歌った「四季」は10万枚を突破したが、今年1月発売の「夢の場所へ」は再び10万枚を割っている。そんな状態でのスキャンダル発覚だけに大ピンチのはずだが……。

「所属事務所はニンマリでしょう。『w‐inds.』は02年から3年連続でNHKの紅白歌合戦に出ていますが、一般的な知名度はイマイチだった。今回の国民的アイドルあややとのスキャンダルで、慶太の名前と顔が一気に知れ渡りましたからね」(芸能記者)

 松浦とのスキャンダルが発覚したとき、「w‐inds.」の所属事務所は「一切ノーコメント」を通した。否定も肯定もしたくないのがホンネに違いない。

<コメント>

あやや の彼氏,ずいぶんカッコイイ人のようです。



<画像>
d0000709_2475338.jpg
岡部騎手,長い間ご苦労様

[PR]
by afternoon_news | 2005-03-11 02:48 | ニュース
<< 北野元院長が不当と提訴 富士見...