渋谷 シエスパの爆発事故

d0000709_12444874.jpg

 爆発事故が起きた東京都渋谷区の女性専用温泉施設「シエスパ」を管理・運営する「ユニマットビューティーアンドスパ」の宮田春美社長とシエスパの木村由美子支配人は19日午後9時、東京都港区の同社本社で記者会見し「亡くなられたり、けがをされた社員や家族などに多大な被害とご迷惑をかけ、誠に申し訳ない」と涙ながらに陳謝した。
 施設の管理体制については「これまで一度も異常がなく通常通り運営していた。法令順守するようにやっており、不備はなかったと認識している」と話した。しかし「施設での爆発の危険性はないと認識していた」と繰り返し、天然ガスの分離装置の仕組みについても「外部の業者に保守・点検などを委託しているのでよく分からない」と話し、業者任せだったことを明らかにした。19日朝のオープン前にも業者が点検したが、異常は見つからなかったという。
 同社によると、死亡した藤川広美さん(22)は、リフレクソロジストという技術職のスタッフ。木村支配人は「笑顔がかわいい人だった」と声を震わせた。またレストランでアルバイトをしていた日詰真里さん(51)は「お母さん的な存在で社員と同じぐらい頑張っていた」という。同じアルバイトの千財明菜さん(23)のことは「背が高くてきれいな女性だった。今後、社員として働いてもらいたかった」と話しうつむいた。
[PR]
by afternoon_news | 2007-06-20 12:46 | ニュース
<< 十両・高見藤がパチンコで引退 温泉爆発 若槻千夏あわや遭遇 >>