強奪の2億円金塊 男3人が所持

d0000709_14111150.jpg
 岐阜県高山市丹生川町の観光施設・飛騨大鍾乳洞に併設された「大橋コレクション館」から今年3月、時価2億円相当の金塊が強奪された強盗傷害事件で、県警高山署の捜査本部は19日までに、強奪された金塊の一部を所持していた福岡県の男3人を別の容疑で逮捕した。捜査本部は、3人が強奪に直接関与していたかどうかを調べている。
 調べでは、3人は強奪された金塊の一部を持っていた疑い。
 事件は3月18日正午過ぎ、同館2階に展示されていた金塊を、3人組の男が強奪。止めようとした従業員の女性を突き倒して軽傷を負わせ、そのまま逃走していた。
[PR]
by afternoon_news | 2007-06-21 14:11 | ニュース
<< 陸自1佐 イラク装備で収賄 遼を守れ!悪質ギャラリー即刻退場 >>